Blog

タグ「vst」が付けられているもの

ozone8とneutron3とnectar3の試用版をインストールしたらAIミックス・マスタリング好きになった話

2016年にOzone7のデモを試して「うーん自分はいつもコテコテのPopsばっかりだし、たくさんプリセットあっても使いこなせないから費用対効果悪いな」と思ってすぐにアンインストールしたんですが、今回Ozone8を使ってみて認識を改めさせていただきました!iZotopeさん本当にすみませんでした!

パンニング自由自在!3次元定位を自在に操れるプラグイン「Anaglyph」

これまた超絶便利なプラグインを見つけましたのでご紹介したいと思います。前後左右あらゆる方向の定位をグラフィカルにお手軽に操作可能なプラグインです。音楽制作のみならず、映画でのボイスやサウンドエフェクトの定位にもってこいなプラグインです。

Native Instrumentsのフリー版プラグインがセットになった「KOMPLETE START」

今までもGuitarRig PlayerやKontakt Playerなど、フリーで提供されていましたがそういったフリープラグインをセットにして一括導入できるパッケージが提供開始になったようです。

「MSLR」 by HASound 簡単にMid Side別の音量の上げ下げや位相反転などができるプラグイン

使い方簡単すぎて泣きました。LR-MS-LRのようにMSエンコーダとMSデコーダが内部的につながった状態のMixerプラグインです。簡単に言ってしまえばMS別の音量をセンターのフェーダーで簡単に上げ下げできます。Side成分をちょっと増やしたい、Mid下げて耳コピしやすくしたいなどの用途にいかがでしょう。

音圧アップに最適なコンプレッサー「BasicComp」 by 音圧爆上げくん

音圧アップを目的に作られた無料のコンプレッサープラグイン。日本語のサイトが嬉しい!公式サイトのサーバもWhoisかけると日本のサーバのようですので国産プラグインですね。音圧に悩んでいる方におすすめな逸品。

ComBear 「Compressor」 無料で使えるパラレルコンプレッサー

コンプレッサーをかけた音とかけてない原音をミックスして出力してくれるパラレルコンプレッサープラグインです。2018年2月現在、無料でゲットできるようです。以下のサイトに登録が必要なので少し手間がかかりますが、ありがたく頂戴しました。

簡易的なMS処理向けプラグインGoodhertz「Midside Matrix」

M/S処理とは音の広がりや音圧向上を目的としてmixやmastering時に行う処理として有名ですが、それを簡単に簡易的に処理するフリーのプラグインです。。

有料の「MidSide」ほどいじれるパラメータは多くないですが、sideを持ち上げたりMSエンコード・デコードといった基本的な機能は簡単に使用できるようになっています。却ってできることが少ないほうが使いやすい、という好例かなと思います。

Phaser Modulator「FREEMOD」 by Audiority

フェイザーのシュワシュワ感を時間経過とともに音色変化させるモジュレーションプラグインです。12個のつまみをいじりながら音を作ります。特に深く考えずにぐりぐり動かすとなかなか面白い効果が得られやすいのでおすすめです。win、mac対応。

ページトップへ