Blog

タグ「VSTi」が付けられているもの

軽量で無料なサンプラー形式のドラムマシン「BAT-S12」 by beatassist.eu

ついこの間「最近知ったbeatassist.euさんの「ESFERA 2」と「ITS」というシンセを触ってみた」という記事でご紹介したデベロッパーさんbeatassist.euからまたまた素敵なプラグインがリリースされました。今回もwindowsオンリーです。

最近知ったbeatassist.euさんの「ESFERA 2」と「ITS」というシンセを触ってみた

最近知ったデベロッパーさん、「beatassist.eu」のご紹介になります。2年ほど前からVSTエフェクトやインストゥルメントを開発リリースしているようですね。

今回は特に気になったESFERA 2とITSというシンセを実際にダウンロードして鳴らしてみた所感を残しておこうかなと想います。

無料でゲット!Vocal synthesizer 「Santa Jussi」by Klevgränd

Santa Jussi

ブラックフライデーからのクリスマスセールにと、課金系DTMerの方々にとってはとても忙しい期間かと思います。

そんな中、太っ腹にも無料配布してくれるプラグインメーカー様もいらっしゃったりして、何かとDTM界隈の情報ウォッチに気が抜けない季節でもあります。

今日はちょっと珍しいボーカルシンセサイザーのクリスマス限定バージョンのご紹介をいたします。野太いおっさんボイスでうぉーうぉー鳴らす、そんな聖夜もいいかも(よくない)

Native Instrumentsのフリー版プラグインがセットになった「KOMPLETE START」

今までもGuitarRig PlayerやKontakt Playerなど、フリーで提供されていましたがそういったフリープラグインをセットにして一括導入できるパッケージが提供開始になったようです。

SAMPLESON 「Electrix」 素敵なエレピ音源を無料でゲット

エレピ音源は無料でも沢山手に入りますがこれは中々にクオリティが高く、またWin 32bit、64bit、MAC AU対応と使用レンジが広いのが良いですね。

(2019年12月追記、無料配布を辞めてしまったようです。現在は有料プラグインになっています。)

簡単オーケストラ音源「PALETTE - PRIMARY COLORS」 by redroom audio

kotaktのfull版を持っていれば制限なく利用できるオーケストラ音源です。有料の専用音源のように細かなチューニングができなかったり、楽器セクション別に鳴らしたりはできませんが、趣味で作るならとっても簡単に重厚な音が作れるのでお勧めです。

ストレートなアナログシンセプラグイン MARCEL studios TOM

いかにもな古めかしい見た目のVSTiですがいわゆるアナログシンセってこういう音と使い勝手だよね、という模範的なシンセサイザープラグインです。プリセットが少ないため自分でガンガン音を作りたい方にオススメできます。

使えるマルチ音源「SAMPLESCIENCE PLAYER」

CC3.0とpublic domainの波形を含むロンプラープラグインです。ロンプラーなのでサンプリング音を読み込んで使うのではなく、あくまで既製品のマルチ音源として使用します。珍しく生音系も十分にそろっていて、プラグイン全体の容量およそ2GB。この手の音色には珍しくホーン系やギター音も含まれています。

(2019年12月追記、残念ながら無料配布期間が終了してしまったようです。)

80年代ロックのイントロっぽい音色のフリーシンセストリングス「VINTAGE SIMPLY STRING2」by Refined Digital Group

ボン○ョビのとある曲のイントロに使ったら雰囲気がばっちり合いそうなフリーのストリングスシンセです。winもmacも動作可。ADSRエンベロープもついてるのでアタックやサスティーンもある程度変化させられるので曲のテンポにあわせた音作りが可能です。

HOME GROWN SOUNDS「Baby Bion」雰囲気の良いフリーシンセプラグイン

atomosphere系の音色が得意なフリーシンセプラグインです。画面UIがやたらごちゃごちゃしてるのがミソですが音質がいいなと思い、ご紹介させていただきました。エンベロープカーブを可視化してくれるのでざっくり音作りがしやすいのもいいですね。

Voice Synth「Aquestone2」ボカロみたく歌詞通りにしゃべらせるVSTi

ボカロみたいに歌詞通りに音を鳴らすことができます。ボカロみたいに一音一音調教できるわけではありませんが歌詞を読み込んでその通りにしゃべらせることができます。声質もダイナミックに変化させられるパラメータがついてますので男声から女声までと幅広い声を出すことができます。

多種多用なエフェクト・シンセが一度に揃う「Dead Duck Effects Bundle」「Dead Duck Synth Bundle」

4種のプラグインシンセと24種のエフェクトが一度に揃うフリーバンドル製品です。これは太っ腹ですね!DTM始めて間もない方は1つ1つ種類ごとにプラグインを探して導入しないといけない手間があって大変です。こういうバンドルモノがあればとりあえず音楽制作を始めることができますしありがたいです。

「Arminator」 ヤマハCS-80オマージュのVSTi by Krakli

1970年後期に発売された、ヤマハのシンセサイザーCS-80をオマージュして作られたVSTiだそうです。今聞くとレガシーな音に懐かしさがこみ上げる方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。ダウンロードはfacebookページから。

ヴィジュアル系のイントロに使いたくなる「Victorian Music Box」by FROZENPLAIN

どことなく暗めな印象のmusicbox音源です。なんというか、90年代後期のヴィジュアル系のイントロによくありがちだったオルゴール系の音色です。これを使えばすぐに私もヴィジュアル系になれるかもしれません。

ファミコンみたいなVSTi音源「Sylva」by SynthIV

明確にチップチューン音源とは書いてありませんが、プリセットの音を鳴らすと古きゲーム音源的な音色が飛び出してくるVSTiです。ライセンスバッチにFree(public domain)とあることから楽曲への組み込みも安心ですね。

2019年12月追記、公式サイトが閉鎖し、他アーカイブサイトなども見ましたが見つけられず・・・

  • Sylva by SynthIV

ページトップへ