Blog

タグ「Soundfont」が付けられているもの

「Peruvian Ocarina」by PrecisionSound フリーのオカリナサンプル音源

無料で使用できるオカリナ音源です。kontaktやSoundfontプレイヤーで再生できるサンプリング音源ということで音質はとても良いです。リンク先でデモ曲を聞けますが、哀愁漂っていてクールですね。

琴、三味線のsoundfont「yukinisuzume Koto」「yukinisuzume Shamisen」

琴や三味線って利用頻度はかなり低いんですが、それだけに見つけにくいことも。はい、私もあれこれ探してやっと見つけました「yukinisuzume Koto」「yukinisuzume Shamisen」soundfont音源。クオリティ高くて良い音源ですね。むしろ決定版?といっても過言ではない。

2014年棚卸 私が使ったFreeサンプラー音源(Soundfont、Kontakt) 総数約20を種類別、おすすめ順に一挙ご紹介

VST

もういくつ寝るとお正月・・ということで2014年、私の中で熱かったFreeのVST,VSTi,Soundfontを棚卸してみます。

今回はSoundfontおよびKontakt等、サンプラー音源を一挙さらします。

正直、サウンドフォントやKontaktの音色は星の数ほど存在していて、どれもリアルな音色です。更に再生環境がSoundfontであればSFZ、KontaktならKontakt Playerのように、使い勝手が変わりません。VSTiのように「GUIが秀逸」とかはこれらサンプラー音源には適用できないことがほとんどかと思います。

要は結局、曲や好みに合わせて自分で探究するしかないのですが、それを言っては元も子もないのでメモ代わりに自分が使ったことのあるSoundfontの中で★5つ評価のものだけをご紹介したいと思います。

高品位なフルートやサックス等Wind系一式Soundfont 「ANTHONY'S PHILHARMONIC」

ANTHONYS PHILHARMONIC

うをーこれは素敵です。アイオワ大学で収録されたウィンド系音源のSoundFont、グランドピアノ音源です。これは良い音!Flute、Oboe、Clarinet、Bassoon、Alto Saxophone、Grand Piano、これらの音色をお探しの方はダウンロードの価値ありますよ!

プロ気取りだった僕が大げさなハードウェア機材を捨ててアマである自分を受け入れたとき、ASIO4ALLが必要になった理由

asio4all

今月、十数年に渡る音楽活動のよき相棒ともいえるハードウェア音源XV-5050とMOTIF-RACK、そしてそれらの仲立ちをしてくれたインターフェイス、EMU-0404ともお別れをしました。

久々のピアノsoundfontご紹介「Salamander Grand Piano」

久々にピアノのSoundfontを探してたらアタリを見つけたので共有を(笑

結論から言えば生々しくて鍵盤ノイズ込みの音です。ソロで使う分には臨場感がありますが、アンサンブルに混ぜる際はイコライザーで500~800Hz周辺をカットして7000Hz~10000Hz周辺をブーストしたら良い感じに混ざりました。

[soundfont] 簡単!素敵すぎ!フリーのオーケストラ・サンプルライブラリー「Sonatina Symphonic Orchestra」

無料でええんか!?こんなすごいもん無料でええんか!?ってくらい高品質・導入簡単・手間要らずなオーケストラのサンプリング音源がsoundfont形式で配布されてます。拝み倒しながら使わせていただきますm(_ _)m

オーケストラのsoundfontを集めた「Free Orchestral Soundfonts」

  • Free Orchestral Soundfonts - オーケストラのsoundfontだらけ (2016/12/12 確認したところ公開停止になったようです)

オーケストラ音源ってサウンドフォント、Vsti併せて本当に色々選択肢があって迷っちゃいますよね。そんな迷いを加速させてくれちゃうサイト「Free Orchestral Soundfonts」

今年使った無料VST(i) / SoundFontの棚卸し! その3 SoundFont編

ラスト、SoundFontの棚卸しです。SoundFontはハイクオリティなサウンドが多数あり、予めダウンロードしてストックするようにはしてません。楽曲で必要になって初めて探す感じ。数は少ないですが、方向性のある良品ばかりだと思います。

SoundFontで無料高品質音源を使う

SoundFontとは、カンタンに言えば「楽器の音色がデータになった奴」です。

VSTiとの違いは、SoundFont単体では動作せず、SoundFontプレーヤーというVSTiをDTMソフト上で立ち上げ、そのプレーヤーに音色データファイルであるSoundFontを読み込ませる必要があります。(参考:wikipedia - SoundFont

「音色とプレーヤーが分かれてるVSTi」「ソフトサンプラーみたいなもん」と考えてくださいませ;)今回はSoundFontプレーヤーをご紹介します。無料で高品位な音源をゲットしてDTMライフを豊かにしてください。

ページトップへ