Blog

タグ「DTM」が付けられているもの

簡単オーケストラ音源「PALETTE - PRIMARY COLORS」 by redroom audio

kotaktのfull版を持っていれば制限なく利用できるオーケストラ音源です。有料の専用音源のように細かなチューニングができなかったり、楽器セクション別に鳴らしたりはできませんが、趣味で作るならとっても簡単に重厚な音が作れるのでお勧めです。

「Ourafilmes Facebook PACK」いいねするだけで19のVSTエフェクトと4種のVSTiが手に入る

Facebookでいいねするだけで無料で19種のVSTエフェクトと4種のVSTiが手に入ります。ざっと中身を拝見したところ、フィルターや空間系など「味付け」として使用するアーティスティックなプラグインが多い印象を受けました。EQやCOMPなどスタンダードでどのトラックにも使いそうなプラグインは別途探す必要がありそう。

Shure SE215、SE535、Ultimate Ears UE900を使用シーン別に比較

いつでもどこでも好きな音楽に没入できる。音楽大好きっ子にとってイヤホンは必需品と言えると思います。

今回は音楽制作を趣味とする人に人気のSHURE SE215SE535Ultimate Ears UE900を利用シーン別にレビューしてみようと思います。

あくまで私見レビューですが、「最近DTMにもリスニングにも使えるイヤホンって沢山でてるけどどれ買ったらいいかわからない」そんな方のために少しでもお役に立てればと思います。

ヘッドフォンで聴いているのにモニタースピーカー風になるプラグイン「DeeSpeaker」(DOTEC-AUDIO)

あまり利用シーンはないかもしれませんが、話の種としてご紹介。「モニタースピーカー越しで聴いているような距離感のあるサウンドにするためのプラグイン」だそうです。VST/AU、32/64bitいずれの環境にも対応。

レトロゲーサウンドが心地よいフリーVSTi「ICECREAM」

これまた凄まじいくらいにおっさんホイホイなシンセですね(何)

ゲーセンやらPCエンジンやら、なんかこうレトロゲーサウンドを思わせる音色に心酔してしまうDTMerも多いのではないでしょうか。

「SAVIHOST/VSTHost」DAWなしでサクサクvstiの音色をチェックできる!

Sonic Cat Cajon Free

WIndows onlyですが、32bit / 64bitのVSTiをDAWなしでサクサク読み込んで音色確認ができます。ヴァーチャルキーボード搭載で画面上で音を鳴らせますが、MIDIキーボードにも対応。鍵盤の練習でいちいちDAWやシンセを立ち上げなくていい、といった使い方もできますね。起動はかなり早いです。

SAVIHostは1つのVSTiのみ読み込んで使うのに対して、VSTHostはVST/VSTiを複数読み込んで使えます。VSTエフェクトが使えるのでエフェクト系のプラグインのテストもできる点が最大の違いですかね。どちらもwindows 32bit 64bit対応してます。

2012年秋 Roland新作DTM機材発表

たまには国内記事も・・・笑

個人的によくお世話になってるRoland社ですが、2012年秋の新作が発表されたそうです。

時代逆行と言われかねないハードウェア音源やipad向け製品などトレンディーな製品を数点リリース予定とのこと。

フリーで使えるVSTサンプリングリバーブ「SIR」

長いことSONARに付属してたリバーブで頑張ってましたが、ちょっと気分変えたい・バリエーション広げたいと思い導入してみました。

結論から言うと「音はとてもいい。でもimpulseデータ(サンプリングリバーブのためのデータ)の管理めんどい」です。

期間限定急げ!「FXpansion Eco」安い!いい音!ソフトウェアドラム音源8/31まで

  • BFD Eco + Rock Legends 3990円(当セールは終了しました)

夏限定商品!今年の夏は熱くなりそうだぜ!!もう早速ぽちっと購入しました。

ドラム音源といったらBFDと一昔前言われてました(今も?)それだけに私のようなおじさんDTM野郎にとっては涙がちょちょぎれそうなほど嬉しいはからい!

しかも7月は「7月限定超特価 BFDecoと人気拡張音源Rock Legendsのセット」だそうで。早く!!皆いそいで!!

VOCALOIDラッシュ!!この冬は熱くなりそうだ・・・

ということでこの冬、なんと新しく5製品新作を出すそうです!すごい熱気だ・・・詳細は本家サイトのリンクに任せるとして、こんなにいっぺんに出されたらコンプリートは難しそうです。。。

ページトップへ