Blog

カテゴリ:Vst(i)/SoundFont (7ページ目)

全215件

AutoPanに最適な「PanCake」 パンニング操作系のプラグイン

MIDIのLFOプログラミングでお馴染み、一定間隔でPanningが左右いったりきたりするプラグイン。オーディオ編集ではオートメーションを使用して同じことができますが、それをプラグインでやってしまおうというコンセプトのようです。

Win 32bit/64bit、Mac対応。

ヴィジュアル系のイントロに使いたくなる「Victorian Music Box」by FROZENPLAIN

どことなく暗めな印象のmusicbox音源です。なんというか、90年代後期のヴィジュアル系のイントロによくありがちだったオルゴール系の音色です。これを使えばすぐに私もヴィジュアル系になれるかもしれません。

「Neviah」3パターンのディレイを同時設定できるフリーのマルチディレイ

公式いわく「three tempo-synced delays」ということで、それぞれ異なるディレイタイムをもつディレイを最大3種同時にかけることができるマルチディレイプラグインです。これを使えば単調なノリのバッキングでも複合的なリズムに生まれ変わるやもしれません。

2019年12月追記、公式サイトが閉鎖されてしまったようなのでVST4FREEのリンクを掲載いたします。

ファミコンみたいなVSTi音源「Sylva」by SynthIV

明確にチップチューン音源とは書いてありませんが、プリセットの音を鳴らすと古きゲーム音源的な音色が飛び出してくるVSTiです。ライセンスバッチにFree(public domain)とあることから楽曲への組み込みも安心ですね。

2019年12月追記、公式サイトが閉鎖し、他アーカイブサイトなども見ましたが見つけられず・・・

  • Sylva by SynthIV

フリーのオルガンロンプラープラグイン「Soft Glow Organ」

ロンプラー、ということで生音系のオルガンプラグインです。オルガンって一口で言っても様々な音色がありますがこちらはRhode系の音色っぽいです。ギラギラした音ではなく、白玉系にもバッキングにも対応できそうな使い勝手の良い音色です。

「Ourafilmes Facebook PACK」いいねするだけで19のVSTエフェクトと4種のVSTiが手に入る

Facebookでいいねするだけで無料で19種のVSTエフェクトと4種のVSTiが手に入ります。ざっと中身を拝見したところ、フィルターや空間系など「味付け」として使用するアーティスティックなプラグインが多い印象を受けました。EQやCOMPなどスタンダードでどのトラックにも使いそうなプラグインは別途探す必要がありそう。

「EU ProMixEQ-10A」by ONLINEMASTERINGSTUDIO.EU 4バンド+ローカットなフリーのイコライザープラグイン

4バンドにローカットフィルターが付いたイコライザーです。黒と赤のGUIでダークな雰囲気ですね。クリーンで高解像度なサウンドを提供しますということで自信たっぷりの逸品。

(2019年12月追記、残念ながら配布中止になったようです。本当に使いやすくて良いプラグインだっただけに残念・・・再配布していただけたら嬉しいですね!)

OBLIVION SOUND LAB「OSL Chorus」分かりやすいフリーのコーラスプラグイン

フラットデザインのGUIとシンプルなコントロールが印象的なコーラスエフェクトプラグインです。変わった機能や突出した変態性はないものの、軽量で高い操作性を併せ持った優等生。

Win Mac 32/64bit対応ということで大抵の環境で動作させられますね。ファイル容量は3MB程です。

ページトップへ