Blog

カテゴリ:Vst(i)/SoundFont (4ページ目)

全219件

音圧アップに最適なコンプレッサー「BasicComp」 by 音圧爆上げくん

音圧アップを目的に作られた無料のコンプレッサープラグイン。日本語のサイトが嬉しい!公式サイトのサーバもWhoisかけると日本のサーバのようですので国産プラグインですね。音圧に悩んでいる方におすすめな逸品。

使えるマルチ音源「SAMPLESCIENCE PLAYER」

CC3.0とpublic domainの波形を含むロンプラープラグインです。ロンプラーなのでサンプリング音を読み込んで使うのではなく、あくまで既製品のマルチ音源として使用します。珍しく生音系も十分にそろっていて、プラグイン全体の容量およそ2GB。この手の音色には珍しくホーン系やギター音も含まれています。

(2019年12月追記、残念ながら無料配布期間が終了してしまったようです。)

ComBear 「Compressor」 無料で使えるパラレルコンプレッサー

コンプレッサーをかけた音とかけてない原音をミックスして出力してくれるパラレルコンプレッサープラグインです。2018年2月現在、無料でゲットできるようです。以下のサイトに登録が必要なので少し手間がかかりますが、ありがたく頂戴しました。

atmosphere系の音色「MOLEKULES」ロンプラー音源

ゆるめのアタックが印象的なシンセ音です。もともとはピアノのサンプリング音だそうですが原型をとどめないくらいにいじられてます。ピアノとして使うことはできませんが独特な空間演出が得意そうな音色です。

(2019年12月追記、無料配布中止してしまったようです。しかしながらこちらの作者様は他にもFreeプラグインを配布していらっしゃるのでよろしければWEBサイトを見ていただければと思います)

フリーで使えるリミッター的Plugin「MAX1」 by BeatSkillz

オートマティックコンプレッサー、と宣言していますが効果的にはリミッターが近いかと。ラウドネスを稼ぐシチュエーションで使用できます。

(2019年12月追記、本家サイトで配布ページがなくなっていたためVST4FREEのリンクを掲載いたします)

簡易的なMS処理向けプラグインGoodhertz「Midside Matrix」

M/S処理とは音の広がりや音圧向上を目的としてmixやmastering時に行う処理として有名ですが、それを簡単に簡易的に処理するフリーのプラグインです。。

有料の「MidSide」ほどいじれるパラメータは多くないですが、sideを持ち上げたりMSエンコード・デコードといった基本的な機能は簡単に使用できるようになっています。却ってできることが少ないほうが使いやすい、という好例かなと思います。

Plugin化が待ち遠しいModartt「Organteq Alpha」お試しスタンドアロン専用音源

有料版のお試しプレリリース版です。高品質なパイプオルガン音源で、DAWなどで利用可能なプラグイン版は2018年に有料でリリースされるそうで、こちらはお試し用途の音源になります。物理モデリングを使った「良い音」が売り。

Phaser Modulator「FREEMOD」 by Audiority

フェイザーのシュワシュワ感を時間経過とともに音色変化させるモジュレーションプラグインです。12個のつまみをいじりながら音を作ります。特に深く考えずにぐりぐり動かすとなかなか面白い効果が得られやすいのでおすすめです。win、mac対応。

ページトップへ