Blog

アーカイブ:2018年 (2ページ目)

全34件

Fenderのアプリケーション「RiffStation Pro」が無料配布中

MP3ファイルを読み込ませると自動解析してギターコードを表示してくれるというFenderのアプリケーションです。通常はシェアウェアですが、現在無料で手に入るようです。Win、Mac対応。

(2019年12月追記、残念ながら公開停止してしまったようで、リンク先に遷移すると「またね!」と表示されてしまいます。復活していただけるとありがたいですね)

ストレートなアナログシンセプラグイン MARCEL studios TOM

いかにもな古めかしい見た目のVSTiですがいわゆるアナログシンセってこういう音と使い勝手だよね、という模範的なシンセサイザープラグインです。プリセットが少ないため自分でガンガン音を作りたい方にオススメできます。

話題のIvy Audio「Piano in 162」を使って即興で弾いてみた

楽器演奏技術がとことん駄目な管理人ですこんばんは!今日はTwitterで教えていただいたPiano in 162を軽く使って使用感を探ろう、ということでブログを書いてます。Piano in 162のダウンロード方法などはその教えていただいた方のWEBSITEをご覧いただき、ここでは軽く使ってみた感じを共有したいなと思います。

教えていただいたYoumiさんのTwitterアカウントはこちら

Sonar後継「Cakewalk by BandLab」を無料でゲットして使い始めるまでの手順を詳細に解説

今年一番の朗報かもしれません。開発会社がSonarを手放したため一時期「Sonar終了か」と言われてましたがBandLabが買い取って後を継ぐことを宣言しました。

手初めに無料で公開してくれました。え、無料!?これはもうインストールするしかありませんね!画像を沢山つかって詳細に手順を紹介します。

ロイヤリティフリーのサンプル音「EARLY COLLECTORS」 by sample hunt

気が付くとじっくりと聞き入ってしまう生音系環境音を4つパッケージにしたものです。ロイヤリティフリーだそうで、ライセンス面も安心してつかえますね。

(2019年12月追記、残念ながら配布中止してしまったようです)

  • 「EARLY COLLECTORS」 by sample hunt

ページトップへ