作曲Tips ベースラインの半音進行でぐっとオシャレな曲作り

普段作曲する時、ベースラインはどうやって構築していますか?十人十色やり方は異なると思いますがここではちょっとしたテクでぐんとおしゃれになる半音進行、クロマチックアプローチを使った例をご紹介します。

半音進行

ベースライン・クリシェのパターンに代表される、ベース音が半音ずつ下降したり上昇したりするケースです。

C C△7/B C7/Bb F/A

Cmajorキーのトニック(I)から始まって分数コードを使って半音下降していくパターン。あるある過ぎて今となっては逆に珍しいかもしれません。ギターで弾くときは分母は気にせず(ベースの方に任せる)分子のC C△7 C7 Fを弾くと良いかと思われます。

念のため、各コード間の関係を細かく見ていきます。

まずCからC△7へのコードチェンジですが、どちらもCmajorのダイアトニック・コード上に存在するコードです。3和音から4和音になっただけですが、C音からみて長7度の音がB音となり、半音下の音になります。このB音を分母に持ってくることで半音下降を実現しています。

C△7からC7へのコードチェンジはノンダイアトニックなコードになりますが、後続のFコードに対するV7のコードになります(セカンダリードミナント。関連講座「ギター講座 上級 部分転調」)。C7の短7度を分母に持ってくることで半音下降を実現します。

最後にC7からFのコードチェンジは前述のとおりセカンダリードミナントのトニックに相当します。また、FコードはCmajorキーのダイアトニック・コードでもあります。ルート音Fからみて長3度のA音を分母に持ってくることで半音下降を実現します。ツーファイブ独特の緊張と弛緩があり、落ち着いた感があります。

C C△7/B C7/Bb C6/A

上記パターンの最後のコードがC6になったパターンです。こっちのほうがもっと有名かも。分数コードではないパターンでトップノート・クリシェの例に度々出てきます。分数化してベースラインの半音進行にしてみたバージョン。C7がツーファイブ的に解決していませんがC7を経過和音として軽く受け止めていただければ・・・下手にセカンダリードミナントとかあれこれ考え始めると混乱します。

以下、より突っ込んだ考察。モードスケールの話が出てきますので分からない場合はSKIPしてください。今度別の記事でモードに関しては書こうかなと計画中ですので、分からない場合はその記事の後で目を通していただければ・・・

先ほども書きましたが、この進行の後半部分はダイアトニック・コードに基づいて考えると難解ですね。大抵の専門書を見ても「経過音だから」「装飾音だから」の一言だけ書かれていて、実際に我々学習者はこのC7=>C6という進行をどう捉えてどうメロディを付けたらいいのか道を示されることなく、放り出されてしまいます。正解不正解は分かりかねるので心苦しいのですが、私なりの解釈を載せておきます。

コーダルなアプローチを基本としてコード単位で見つつも、モーダルな考えを取り入れてみるといいかも(ざっくり言うとダイアトニックを基本としたコード進行に着目したアプローチをコーダル、モードと呼ばれるスケールを基本としたアプローチをモーダルとだけ。詳細は別記事をお待ちください・・・)

C7のところだけCミクソリディアンにモーダルインターチェンジした、みたいな感じで捉えて上物を弾いても良さげ。

もしくはもうちょっとこねくりまわしても面白いかもしれません(笑)C6は構成音C E G A、並べ替えるとAm7(A C E G)になるのでC6をAm7と変換して考える。次にC7とAm7の2つのコードの構成音を含み、なおかつAm7で終止させたいからA音を基音とするスケールを探すと・・・

C7:C E G Bb
Am7:A C E G
↓ Aから音を並べると・・・
A Bb C ? E ? G

この構成音を見るとAフリジアンスケールにマッチしそうです。よってC7 C6(C7 Am7)の間はAフリジアンスケールを弾く、なんてことも考えられそうですね。(モーダルなアプローチの途中ですが、コーダルな思想に一旦変えてみると、Aフリジアンをメジャーキーないしマイナーキーにむりくり直すとFメジャー/Dマイナーキー。C7を5度としたダイアトニックと同じになります。)

Aフリジアンスケール A Bb C D E F G

Cmajorキー(Cイオニアン)からアウトしているのがBbだけですので、元のCイオニアンに戻りやすい点も使いやすそう。以上補足が長くなってしまいました。。。

Am Am△7/G# Am7/G Am6/F#

上2つのパターンよりもぐっと暗い印象がします。これも分数コードではないバージョンのトップノート・クリシェで良く見られるパターン。ほぼAメロディックマイナースケールの構成音を使って作れます。

Aメロディックマイナースケール A B C D E F# G#
コードにすると Am△7 Bm7 C△7#5 D7 E7 F#m7b5 G#m7b5

※メロディックマイナースケールについては過去記事「ギター講座番外編 コード進行あれこれ その2 短調の場合」参照

Am7だけはAナチュラルマイナーになってますが、全体を通してずっとAルートのマイナーコードが続くことと、ベース音が下降していくことが相まって非常に陰鬱な印象を受けますね。

C C#dim Dm

パッシング・ディミニッシュと呼ばれる、dimコードを使用した例。半音ずつ上昇します。ディミニッシュコード一つとっても奥が深いのでこれもまた別途記事に使用かなと画策していますが、ここではさらっと。

ディミニッシュコードは短3度(ギターのフレットでいうところの3フレット分)を4つ積み重ねたコードです。構成音全てがルートになり得ます。どういうことかというと例えばC#dimはC# E G A#という構成音で、A#の更に短3度上はC#に戻ります。ぐるぐる循環しているんですね。よってどの構成音をルートにしても必ずこの4音しか使いません。そのため、C#dim = Edim = Gdim = A#dimと置き換えが可能です。更にこのディミニッシュコードはザックリ言うと「半音下のセブンスコードの代理役になれる」性質があり、言ってしまえばC7/Eb7/Gb7/A7の代理として使用できます。

以上のことを踏まえて考えるとC 〇7 Dm の〇部分に入りそうなコードはどれでしょう?Eb7とA7ですね。Eb7はツーファイブの変形(IIm7b5=>IIb7=>Im7のIIm7b5省略した版)、A7はストレートなツーファイブ形(IIm7b5=>V7=>Im7のIIm7b5省略した版)になります。セカンダリードミナントですね。よってディミニッシュコードを使った半音進行の上昇にはセカンダリードミナントの後ろ盾があると言えます。

Em Ebdim Dm

同じくディミニッシュコードを使用した、今度は下降パターン。上昇時はセカンダリードミナントだから使える!という後ろ盾がありましたが下降時はちょっと違います。前述のパッシング・ディミニッシュと別の使い方でC CdimのようなトニックコードのCの装飾コード的な用途があります(トニック・ディミニッシュと呼ばれたりします)。Cdimは短3度上のEbdimと同音です。よって角度を変えてみるとEm Cdim Dmと言えます。さらにEmは代理コードで考えるとトニックCの代理と言えますので C Cdim Dmのように置き換えることができます。よって、トニック=>トニックの装飾=>代理サブドミナント という進行だということが分かります。

ざっとよく見かける例を挙げてみました。この他にも経過和音を使ったり分数コード化したりすると膨大なパターンが作れますが、慣れるまではネットや本などで常套句を探して実際に自分で弾いてみることをお勧めします。余裕があれば「どういうスケールが載せられるかな?」とあれこれ考察してみると面白いと思います。

その際、私なりの方法というか手順としては

  1. セカンダリードミナント(ツーファイブ)として捉えられないか?
  2. モーダルな解釈を取り入れられないか?
  3. 経過和音であればコードに対応したスケールはないか?(dimコードに対するディミニッシュスケールみたいな)
  4. 元の曲のキー+コード音で弾いた時に違和感がないか?

といった順序でスケールを考えることが多いです。・・・まあそんなことしなくても「コード名 スケール」でネット検索したらすぐ出てくるかも。良い時代です!

クロマチックアプローチ

コード進行自体を半音進行にする例をご紹介しましたが、ここからはコードに縛られないクロマチックアプローチをご紹介します。転調や理論とあまり縁のなさそうなパンクとかでもよくよく聞いてみるとクロマチックアプローチを使ってCoolなベースラインを構築しているアーティストもたくさんいます。

お尻の音を次のベース音の半音上下にする

コツも何もありませんが、↑こういうことです(笑)コードチェンジする直前に次のコードのルート音の半音上ないし下の音を鳴らします。

ちょっとしたTipsとしては、そのクロマチックアプローチの少し前からスケールにアウトしない範囲で助走をつけると良い感じにFitしやすいです。例えばCからEに変わるとき、E音の半音下はEbでスケール外の音です。Ebの手前に更に半音下のD音を付けるとどうでしょうか?スケール内の音で助走をつけつつおしゃれに聞かせることができます(余談ですが、Cコードが鳴っているときにD音が鳴るとCadd9の響きが得られるのでおしゃれ感が演出できますね。)

こういう感じでチェンジ前のコードのルート音に対してどの度数の音を鳴らすかということも加味して考えつつ、クロマチックアプローチで滑らかなベースラインを作るとグっとかっこよくなりますので試してみてください。

クロマチックアプローチを使ったベースラインの例

こちら私のオリジナル曲のintro部分ですが、クロマチックアプローチを使っています。ご参考までに!

ページトップへ