裏コード

唐突ですが、セブンスコードはそれと対になる「入れ替え可能な」裏コードが必ず存在します。

市販の理論書なんかには「該当するセブンスコードの3rdやm7thといった『コードの性格を決定づけるオイシイ構成音』と共通する音を持ったコードを裏コードとして入れ替えて使うことが出来る」とか書いてあります。

正直、「日本語でおk」と思うかも知れません。当講座は実践を重んじてます。単純に「セブンスコードは入れ替えできるもう一個のコードがある」と簡潔に覚えてください。

裏コードの見つけ方

ピアノの理論書には「該当するセブンスコードをV7と据えた時の♭II7が裏コード」とかなんとか紹介されてます。

ギターで裏コードを探すときはより視覚的です。

5弦ルート -●
6弦ルート ●-

上記の形を覚えるだけです。例えばCメジャーダイアトニックのV7、G7は「6弦3フレット」がルート音です。こいつの裏コードはDb7で「5弦4フレット」がルート音のセブンスコードです。

G7の5弦ルートの形は「5弦10フレット」がルート音です。Db7は「6弦9フレット」です。

お分かりいただけたでしょうか?裏コードは隣の弦の斜めの位置で固定であり、セブンスコードが6弦ルートだろうが5弦ルートだろうが、上記の「斜に構えたカバの鼻の穴のような形」を覚えるだけで簡単に裏コードを探ることができ、入れ替えができます。

裏コード譜例

ストレート!な裏コードを使った進行例

ストレートな裏コードを使った進行

フュージョンチック!なテンションコードを使った進行例

フュージョンチックな進行

前回の分数コードの回でも出てきたクリシェ。ベースラインだけでなく、最高音も半音ずつ下げている。頻出パターン。

ページトップへ