ドリアンスケールで知的に

前回までは脱ダイアトニックということで、主にコード進行のアレンジをご紹介しました。

ここからは脱メジャースケール・脱マイナースケールをご紹介。まずはマイナーコード上で使われるドリアンスケールナチュラルマイナースケールのm13thを半音上げて13thにしたスケール

Aドリアンスケール
青字はマイナースケールから変化した音(m13th=>13th)

使い所は?

AブルースならAドリアンがそのまま使えます。また、同主調(サブドミナント・マイナー)転調のマイナーコードの時に使うこともできます。基本的にこのドリアンスケールはm7系のコード上で使用されることが大半です。サブドミナント・マイナー時の譜例を用意しました。

ドリアンスケール使用例

どことなく知的なムードが漂うスケール。ジャズやブルースで良く使われています。Fmコード時にFドリアンスケールを満遍なく弾くと9th,11th,13thのテンション音が鳴り、非常にお洒落に(くどすぎるとカオティックに)聞こえます。

ページトップへ