Blog

タグ「vst」が付けられているもの

無料化されたシンプルなDelayプラグイン 「Phat Noise VST Simple Delay Plugin」

元々有料だったディレイプラグインです。10ポンドということで1500円くらいですね。いつの頃からか0円になったので使ってみたら思いのほかよかったのでご紹介。ツマミを4つしかなくて迷いようがありません。リバーブの代わりにこいつでショートディレイかけると輪郭がぼやけないで空間演出できるので便利です。

Samsara Cycle Audio「G-EQ Guitar Equalizer」Fuzz、Overdrive付きのフリーVSTエフェクト

ギターの音作りに使えるフリーのVSTプラグインです。5バンドのグライコにゲインコントロールが付いたエフェクトになります。ギターらしい歪みが付加できます。

Windows 64bitのみ。歪みはFuzzモードとOverDriveモードから選択できます。

AutoPanに最適な「PanCake」 パンニング操作系のプラグイン

MIDIのLFOプログラミングでお馴染み、一定間隔でPanningが左右いったりきたりするプラグイン。オーディオ編集ではオートメーションを使用して同じことができますが、それをプラグインでやってしまおうというコンセプトのようです。

Win 32bit/64bit、Mac対応。

「Neviah」3パターンのディレイを同時設定できるフリーのマルチディレイ

公式いわく「three tempo-synced delays」ということで、それぞれ異なるディレイタイムをもつディレイを最大3種同時にかけることができるマルチディレイプラグインです。これを使えば単調なノリのバッキングでも複合的なリズムに生まれ変わるやもしれません。

「Ourafilmes Facebook PACK」いいねするだけで19のVSTエフェクトと4種のVSTiが手に入る

Facebookでいいねするだけで無料で19種のVSTエフェクトと4種のVSTiが手に入ります。ざっと中身を拝見したところ、フィルターや空間系など「味付け」として使用するアーティスティックなプラグインが多い印象を受けました。EQやCOMPなどスタンダードでどのトラックにも使いそうなプラグインは別途探す必要がありそう。

「EU ProMixEQ-10A」by ONLINEMASTERINGSTUDIO.EU 4バンド+ローカットなフリーのイコライザープラグイン

4バンドにローカットフィルターが付いたイコライザーです。黒と赤のGUIでダークな雰囲気ですね。クリーンで高解像度なサウンドを提供しますということで自信たっぷりの逸品。

OBLIVION SOUND LAB「OSL Chorus」分かりやすいフリーのコーラスプラグイン

フラットデザインのGUIとシンプルなコントロールが印象的なコーラスエフェクトプラグインです。変わった機能や突出した変態性はないものの、軽量で高い操作性を併せ持った優等生。

Win Mac 32/64bit対応ということで大抵の環境で動作させられますね。ファイル容量は3MB程です。

細かい調整が可能なフリーのリバーブプラグイン「Riviera」(NuSpace Audio)

細かな調整が可能で高品質なフリーのリバーブプラグイン「Riviera」です。イタリア語で海岸とか川岸という意味らしいです。リバーブのかかり具合を可視化してくれるため音作りがしやすい点が特徴的です。windows 32bit、64bit対応。Mac版は今のところないみたいです。

M/S処理に特化したフリーVST・AUプラグイン「MScontrol」 by tekit-audio

M/S処理といえば音圧を稼ぐのに今や必須のミックスダウンテクニックなんじゃないかと思います。今回ご紹介するMScontrolはM/S処理用のフリープラグインになります。

Windows 32bit/64bitおよびMacに対応。ダウンロードするためにはメルマガ会員に登録する必要があります。

こちらのページの真ん中らへんの「Name」「Email」と書かれているフォームから会員になる必要あります。

RMS、PPM等、オーディオメーター系のフリーVSTプラグイン「mvMeter」 by TBProAudio

シンプルなアナログメーター系プラグインです。アナログな見た目ですがちゃんとデジタルな数値も表示してくれます。ピークメーターとしても使えますし、聴覚上の音の大きさの指標ともいえるRMSメーターとしても使えます。音圧アップの足がかりに使ってみてはいかがでしょうか。Win、Mac対応。

ステレオリデューサー的なフリープラグイン「Width Knob」(by BOZ DIGITAL LABS)

ステレオ感を減らすor反転させるプラグインです。ステレオ感を拡げるプラグインではありません。ちょっと変わったプラグインで使いどころが難しいですが、2016年の締めはイロモノをご紹介して終わりにしようかなと思い、ピックアップさせていただきました。

0ドルの商品をカートに追加して購入する感じでゲットできます。

2016年に使い始めて来年以降もお世話になるであろうフリーVST、VSTi12個

2016年になって使い始めたフリープラグインの中で「これは来年以降も使いたい」と思ったものをピックアップしてみました。スタンダードなプラグインをご所望な場合は2014年の棚卸の記事を見ていただくとして、今回はちょっとディープで突っ込んだDTMをするときに使うプラグインが多いかもしれません。

※個々のプラグインごとに「おすすめ度」と「対応OS」を書いてます。一点注意ですが、対応OSはあくまで私が確認できた環境というだけで「未確認」のものでも突っ込んだら案外動くかもしれませんのでこの点だけご注意ください。

12月31日まで無料DLできるステレオイメージャー「MSW1」

ステレオ/モノラルを自在に変化させられるステレオイメージャープラグインです。

普段は3000円くらいで売られているこちらのプラグイン、12月31日まで無料でダウンロードできるようです。感覚的には0円の商品をカートに追加し、会員登録したらダウンロードリンクが表示される。みたいな感じです。

Windows 32bit/64bitおよびMacに対応。12/31って言ってますが日本時間でいうところのいつなんでしょうか?とにかくお早めにどうぞ。

こちらのリンク先の「ADD TO CART」を押してからページ右上のカートアイコンをクリックし、0円購入手続きをするとゲットできます。(要会員登録)

Audio Assaultフリープラグイン「DEFACER」「KLIP FREAK」「TRANSIENT」

有料のプラグインもリリースしているAudio Assaultさんのフリープラグイン3種です。DEFACERはdeface(すり減らす)した音に変換する、というと直感的じゃないですね。。ビットクラッシャー的な使い方ができるプラグインでチップチューンなんかに良さそう。KLIP FREAKはクリッピングを抑えてくれるプラグイン。TRANSIENTはアタックやサスティーンを変化させるプラグイン。どれも個性的で魅力のあるプロダクトです。

ページトップへ