Blog

タグ「vocal」が付けられているもの

センターのボーカルを除去するVSTエフェクト「Get Lost, Singer!」by ToneBytes

フリーでボーカルリムーバーを探していて辿りつきました。耳コピしたいとき、ボーカルがないほうが大抵は楽器の音が拾いやすいので重宝します。

Windows 32bitのみ。2mixトラックなどにVSTとして利用します。

J-Hud-Studio ボーカル向けダイナミクス系プラグイン「Vocal King」

ボーカル向けのフリーVSTプラグインです。コンプレッサー(リミッター)兼エンハンサー、とでも言いましょうか。埋もれたボーカルトラックもこれ一本でパンチのあるサウンドに変身します。

PujoheadSoft「Piconizer」ボーカルトラックをファミコンのピコピコ音に変換するフリーのVSTエフェクター

Piconizer

ファミコンの音色を再現したVSTiはちょいちょい見かけますが、これは「ボーカルトラックをファミコン音に変換するエフェクター」です。非常に珍しいというかその発想はなかったというか、一本取られた気がする素敵アイテム。Freeなので気軽にトライできるのもうれしいですね。

GsnapやKeroVeeと肩を並べる、無料のボーカルピッチ補正プラグイン「MAutoPitch」

The Colorspace - Drafter

このブログでも以前紹介しましたGsnapKeroVee。ボーカルのピッチ補正や、パフューム的なケロケロボイスを再現できるフリーのVSTプラグインをご紹介しました。しかしこれらのFreeプラグインはWindowsでしか動作しませんでした。今回ご紹介する無料のボーカルピッチ補正プラグインはMacでもWindowsでも動作する優れもの、MeldaProduction製「MAutoPitch」です。

※2014/10/16 21:12現在、上記URL訂正しました。違うVSTへのリンク張ってた・・・すみませんでした。こちらが正しいです。

2012年秋 Roland新作DTM機材発表

たまには国内記事も・・・笑

個人的によくお世話になってるRoland社ですが、2012年秋の新作が発表されたそうです。

時代逆行と言われかねないハードウェア音源やipad向け製品などトレンディーな製品を数点リリース予定とのこと。

ノーチェックでした!だれでもperfume vstプラグインの存在

知らなかった・・・2008年と3年前の記事ですが、誰でもperfumeのような歌声にできるvstエフェクトを自ら作り出した偉人がいらっしゃいました。あなたは神か?

  • max/msp/VSTプラグインで誰でもPerfume - 松本昭彦 (Akihiko Matsumoto) Blog Algorithmic Computer Music様

20150317現在、サイトは閉じられてしまったようです。

free vstだ!ディエッサー「Modern De-Esser」ボーカルのサ行が気になる時に

ボーカルをRECすると、妙に「サシスセソ」が耳に付くことってありませんか?そんな時は「特定の帯域の音を監視して、スレッショルドを越えたら音量を抑える」エフェクト、ディエッサーの出番です。

今日はフリーのディエッサー「ANTRESS MODERN De-Esser」をご紹介します。

GVSTのG-snap喧嘩上等!?国産ピッチ補正「KeroVee」フリーvst

KeroVee

既にご紹介済みのフリーピッチ補正VSTプラグイン「GVST G-snap」と同じ感じの国産VSTエフェクト。詳しい使い方まで公式サイトに掲載されていて超親切ですね。

ケロケロを前面に押し出して紹介されてますが、通常のピッチ補正に使えるかどうかちょっと実験してみます。笑

ページトップへ