Blog

タグ「VSTi」が付けられているもの

2016年に使い始めて来年以降もお世話になるであろうフリーVST、VSTi12個

2016年になって使い始めたフリープラグインの中で「これは来年以降も使いたい」と思ったものをピックアップしてみました。スタンダードなプラグインをご所望な場合は2014年の棚卸の記事を見ていただくとして、今回はちょっとディープで突っ込んだDTMをするときに使うプラグインが多いかもしれません。

※個々のプラグインごとに「おすすめ度」と「対応OS」を書いてます。一点注意ですが、対応OSはあくまで私が確認できた環境というだけで「未確認」のものでも突っ込んだら案外動くかもしれませんのでこの点だけご注意ください。

ギャグなのかマジなのか・・・ボイパ風VSTi「BeatVox」

こういうイロモノ枠が充実しているのもフリーVSTiの魅力の一つですね。1種類のパーカッション音色と2種類のクロマチック音源を搭載。コントローラは音色選択とDECAY、DRIVEの3つだけと非常にシンプルな構成。win 32bitオンリーです。公式サイトは閉鎖してしまった?ようなのでVST4FREEからダウンロードしました。

SNSでシェアすれば無料!「Sweetcase Vintage Electric Piano」(by NOISEASH)

facebookかtwitter,youtubeいずれかでシェアボタンを押すと無料でDownloadできるシェアウェアのVSTiです。綺麗でどことなく懐かしい、癒される音色のエレピ音源です。

シェアしない場合は29ドルします。クオリティはやはりシェアウェアだけあって、フリーのものと比較すると頭一つ飛びぬけて良いです。

レトロゲーサウンドが心地よいフリーVSTi「ICECREAM」

これまた凄まじいくらいにおっさんホイホイなシンセですね(何)

ゲーセンやらPCエンジンやら、なんかこうレトロゲーサウンドを思わせる音色に心酔してしまうDTMerも多いのではないでしょうか。

もう使ってみた?IK Multimedia「SampleTank Custom Shop」

2015年を代表するVSTiになりそうな予感がします。はい、かの有名なSampleTank 3の後継版だそうです。音色こみっこみのUltimate版や、Free版など多数バージョンがあります。マルチティンバー音源としても使える優良音源SampleTankシリーズ。とりあえず、Freeで使ってみて、感動したらUltimate、欲しい音色が絞れるなら付属の「Custom Shop」ソフトから音色を追加購入しましょう。

フリーのエレキギターVSTi音源「Lethality」 使い勝手良好

クリーントーンが気持ちいいフリーのエレキギターVSTiです。本家サイトは撤収してしまったようですが、VST4FREEにまだおいてありました。32bit、64bitそれぞれ別のインストーラが用意されています。

B8 Organ ハモンドオルガンの無料VSTi 注意事項有り

そこそこ評判の良いOrgan音源だそうですが、私のSymantecウィルス対策ソフトが「このdllファイル危ないから消しといたから!」と、ナイスセーブなのか誤検知なのか分からないことをいいだしたので試せていません。ご利用は自己責任でお願いします。

20150531追記: 友人のPCのAvira Antivirusでチェックしてもらったら「安全」という結果がでました。ご報告まで。

CutterMusic 「Revitar 2」 アコースティックギターVSTi 作りが細やか!

おおーこういうの好きです!ピックの形、ボディの形、ストローク速度、弦の張り具合、デチューン、コードor単音選択などなど、非常に細やかなパラメータを用意してあって微調整ができます。こりゃすごい!

ヴィンテージドラムマシン「Vintage Drum Elements」 by Single Cycle Audio

32-bit/64-bit VSTi/AUi 対応のフリープラグイン。TMNですか、って感じの音色のドラム音源ですね。タフンタフンとしたバスドラムが良い感じ。シンセベースと合わせて使ったら気持ち的にはスーファミメガテンの3Dダンジョン移動音楽みたいな気分です(分かる人だけ分かる例え)

ORCH HIT VSTi - オーケストラヒットの音色 ジングル制作によさげ

VST4FREEを徘徊していたら見つけました(笑)非常に珍しいオーケストラヒットのVSTi。フリー/シェア併せてもそんなに多くない、存在自体が貴重とも言える音色ですね。私は普段、オケヒは使わないで個々のオーケストラ楽器を組み合わせることが多いのですがこれは使っていきたいですね。

u-he「Hive」 - 有料シンセVSTiのbeta版2015年3月30日まで

VST

数々の商用VSTiをリリースしているu-heさんですが、リリースを控えているVSTi「Hive」のベータ期間を3月末まで延長したそうです。ベータということで、万が一動かなかったりパソコンが壊れちゃっても責任もてないよ!とのことです。

とはいえリリース間近ということもあって、私の環境では普通に安定して動いてます:)

CFA SOUND「Supersaw OSC」 FreeVSTi saw音源

win 32bit版しか公開されてませんが、スタンダードなsaw音源。あーsawってこういう音だよねー、というイメージ通りのなんちゃらない感じの音ですがパラメータが分かりやすく、saw音源や電子楽器系の音色の取り扱いに慣れていない人でも簡単に使いこなせそうなシンプル設計が嬉しい音源です。

※2016/12/12追記:Supersaw OSCは公開停止したようです。後継機はSuper-7というようなのでそちらのリンクをはっておきます。

Synthewayのデモ楽曲が割とかっこいい

いろんな種類のVSTiをリリースしているSynthewayさん。そのVSTiを使って作られたデモ曲が結構リアルに迫るサウンドでかっこよかったので勢いで紹介させていただいちゃいます。

え、ドラムキットじゃない?シンバルだけ?シンバル専用音源「Cymbalistic」 by Alan ViSTa

一瞬、ドラムキット音源か!?と思ったらシンバルだけでした。

ハイハット、チャイナ、クラッシュ、ライドシンバルのセット音源です。一般的なドラムサウンドが欲しい場合は別の音源を素直に使うか、別途スネアやタム、キックだけ用意する必要があります。

ページトップへ