Blog

タグ「Free」が付けられているもの

フリーのオルガンロンプラープラグイン「Soft Glow Organ」

ロンプラー、ということで生音系のオルガンプラグインです。オルガンって一口で言っても様々な音色がありますがこちらはRhode系の音色っぽいです。ギラギラした音ではなく、白玉系にもバッキングにも対応できそうな使い勝手の良い音色です。

「Ourafilmes Facebook PACK」いいねするだけで19のVSTエフェクトと4種のVSTiが手に入る

Facebookでいいねするだけで無料で19種のVSTエフェクトと4種のVSTiが手に入ります。ざっと中身を拝見したところ、フィルターや空間系など「味付け」として使用するアーティスティックなプラグインが多い印象を受けました。EQやCOMPなどスタンダードでどのトラックにも使いそうなプラグインは別途探す必要がありそう。

「EU ProMixEQ-10A」by ONLINEMASTERINGSTUDIO.EU 4バンド+ローカットなフリーのイコライザープラグイン

4バンドにローカットフィルターが付いたイコライザーです。黒と赤のGUIでダークな雰囲気ですね。クリーンで高解像度なサウンドを提供しますということで自信たっぷりの逸品。

OBLIVION SOUND LAB「OSL Chorus」分かりやすいフリーのコーラスプラグイン

フラットデザインのGUIとシンプルなコントロールが印象的なコーラスエフェクトプラグインです。変わった機能や突出した変態性はないものの、軽量で高い操作性を併せ持った優等生。

Win Mac 32/64bit対応ということで大抵の環境で動作させられますね。ファイル容量は3MB程です。

FREEのオーケストラコードkontakt音源「FREE HD ORCHESTRA CHORDS」「FREE SUSTAINED STRING CHORDS」by SONUSCORE

フリーのオーケストラコード音源(要kontakt 5.6.0以上、kontakt playerは制限有り)。簡単にオーケストラアンサンブルコードが鳴らせる代物です。単体の楽器を組み合わせて曲を作るオーケストラ音源に対してコチラのプロダクトは「MIDIで単音を鳴らすだけでオーケストラ全体の音色をコードとして鳴らす」というものです。

「Peruvian Ocarina」by PrecisionSound フリーのオカリナサンプル音源

無料で使用できるオカリナ音源です。kontaktやSoundfontプレイヤーで再生できるサンプリング音源ということで音質はとても良いです。リンク先でデモ曲を聞けますが、哀愁漂っていてクールですね。

細かい調整が可能なフリーのリバーブプラグイン「Riviera」(NuSpace Audio)

細かな調整が可能で高品質なフリーのリバーブプラグイン「Riviera」です。イタリア語で海岸とか川岸という意味らしいです。リバーブのかかり具合を可視化してくれるため音作りがしやすい点が特徴的です。windows 32bit、64bit対応。Mac版は今のところないみたいです。

CC0でクレジット表記の要らないシンセブラス、シンセストリングス、ナイロンギター音源「FreePats」

Creative Commons CC0 1.0 licenseという、クレジット表記の要らない比較的制約のゆるいライセンス形態の音源です。気軽に楽曲へ組み込めることからこのCC0ライセンスのソフトウェア音源は重宝します。ファイル形式はSoundfontで、圧縮ファイルはtar.xzという形式でwinrarなどで解凍可能です。

M/S処理に特化したフリーVST・AUプラグイン「MScontrol」 by tekit-audio

M/S処理といえば音圧を稼ぐのに今や必須のミックスダウンテクニックなんじゃないかと思います。今回ご紹介するMScontrolはM/S処理用のフリープラグインになります。

Windows 32bit/64bitおよびMacに対応。ダウンロードするためにはメルマガ会員に登録する必要があります。

こちらのページの真ん中らへんの「Name」「Email」と書かれているフォームから会員になる必要あります。

Safwan Matni「Matnitron」 Freeでアタックの早い使いやすいストリングスVSTi

Freeでも数多くのStrings音源はありますが、アタックが遅かったり、定位がはじめから管弦楽仕様でセンタリングされてなかったりと使い勝手が悪い場合ってありませんか。

今回はロックやポップスにも使いやすい、アタックの早いストリングス音源をご紹介します。シンセサイザーに搭載されているような軽めのストリングスではなくそれなりに重厚感もあり、使いやすさとリアルさの「ちょうどイイ感じ」がする音源です

「Atmos Free ambient piano ROMpler」 100%ロイヤリティフリーなロンプラーピアノ音源

ロンプラーは聞きなれない方もいらっしゃると思いますが、要は「波形を直接入れ替えたりいじったりはできないサンプリング音源」のことです。生音系の音源はサンプラー音源かロンプラー音源に高品質なものが多いです。

C2~C9の音色幅で、2種類のリバーブ・ディストーション、ディレイなどのエフェクトを搭載とのこと。容量が230MB程あり。リリースタイムの長い、アンビエント系の音楽に良さそうなピアノ音源です。

win 32/64bit、mac対応。

軽量で自然なかかり具合 FreeのRoomリバーブVST「tila2」

最近はフリーなのに高性能なプラグインがあっておじさんはうれしいです。フリーなのにCPU使用率も少なくて自然なかかり具合で使いやすい、そんなルームリバーブのプラグインです。

ギター、ドラムなどに是非使ってみたいリバーブです。

RMS、PPM等、オーディオメーター系のフリーVSTプラグイン「mvMeter」 by TBProAudio

シンプルなアナログメーター系プラグインです。アナログな見た目ですがちゃんとデジタルな数値も表示してくれます。ピークメーターとしても使えますし、聴覚上の音の大きさの指標ともいえるRMSメーターとしても使えます。音圧アップの足がかりに使ってみてはいかがでしょうか。Win、Mac対応。

2016年に使い始めて来年以降もお世話になるであろうフリーVST、VSTi12個

2016年になって使い始めたフリープラグインの中で「これは来年以降も使いたい」と思ったものをピックアップしてみました。スタンダードなプラグインをご所望な場合は2014年の棚卸の記事を見ていただくとして、今回はちょっとディープで突っ込んだDTMをするときに使うプラグインが多いかもしれません。

※個々のプラグインごとに「おすすめ度」と「対応OS」を書いてます。一点注意ですが、対応OSはあくまで私が確認できた環境というだけで「未確認」のものでも突っ込んだら案外動くかもしれませんのでこの点だけご注意ください。

ToneBytes 「Pedals」 ギターorベース向けエフェクタープラグイン

多彩な音作りができるエレキギターないしエレキベース向けのエフェクター集、「Pedals」です。名前の通り、ギターのコンパクトエフェクターをつなげて音作りする感じです。windows vstのみでmacでは動作しない模様。

Audio Assaultフリープラグイン「DEFACER」「KLIP FREAK」「TRANSIENT」

有料のプラグインもリリースしているAudio Assaultさんのフリープラグイン3種です。DEFACERはdeface(すり減らす)した音に変換する、というと直感的じゃないですね。。ビットクラッシャー的な使い方ができるプラグインでチップチューンなんかに良さそう。KLIP FREAKはクリッピングを抑えてくれるプラグイン。TRANSIENTはアタックやサスティーンを変化させるプラグイン。どれも個性的で魅力のあるプロダクトです。

ページトップへ