Blog

タグ「ピアノ」が付けられているもの

2014年棚卸 私が使ったFreeサンプラー音源(Soundfont、Kontakt) 総数約20を種類別、おすすめ順に一挙ご紹介

VST

もういくつ寝るとお正月・・ということで2014年、私の中で熱かったFreeのVST,VSTi,Soundfontを棚卸してみます。

今回はSoundfontおよびKontakt等、サンプラー音源を一挙さらします。

正直、サウンドフォントやKontaktの音色は星の数ほど存在していて、どれもリアルな音色です。更に再生環境がSoundfontであればSFZ、KontaktならKontakt Playerのように、使い勝手が変わりません。VSTiのように「GUIが秀逸」とかはこれらサンプラー音源には適用できないことがほとんどかと思います。

要は結局、曲や好みに合わせて自分で探究するしかないのですが、それを言っては元も子もないのでメモ代わりに自分が使ったことのあるSoundfontの中で★5つ評価のものだけをご紹介したいと思います。

2014年棚卸 私が使ったFreeプラグイン(VSTi) 総数約30を種類別、おすすめ順に一挙ご紹介

VST

もういくつ寝るとお正月・・ということで2014年、私の中で熱かったFreeのVST,VSTi,Soundfontを棚卸してみます。

今回はVSTiを一挙さらします。

一昔前は生音系は音を収録して作ったサンプリング音源のほうに軍配があがりました。でもいまやVSTiも捨てたもんじゃありません。というか、生音ベースで作ったVSTiも最近じゃでてきてるのでSoundfontとかKontaktに引けを取らないのが現状です。更にGUIが個性的で音色エディットしやすかったりしてむしろVSTiのほうが良い場合もあります。

2016/12/29追記:2016年棚卸し記事も宜しければご覧ください。

久々のピアノsoundfontご紹介「Salamander Grand Piano」

久々にピアノのSoundfontを探してたらアタリを見つけたので共有を(笑

結論から言えば生々しくて鍵盤ノイズ込みの音です。ソロで使う分には臨場感がありますが、アンサンブルに混ぜる際はイコライザーで500~800Hz周辺をカットして7000Hz~10000Hz周辺をブーストしたら良い感じに混ざりました。

ページトップへ