Blog

タグ「コンプレッサー」が付けられているもの

ヘッドフォンで聴いているのにモニタースピーカー風になるプラグイン「DeeSpeaker」(DOTEC-AUDIO)

あまり利用シーンはないかもしれませんが、話の種としてご紹介。「モニタースピーカー越しで聴いているような距離感のあるサウンドにするためのプラグイン」だそうです。VST/AU、32/64bitいずれの環境にも対応。

2014年棚卸 私が使ったFreeプラグイン(VSTエフェクト) 総数約50を種類別、おすすめ順に一挙ご紹介

VST

もういくつ寝るとお正月・・ということで2014年、私の中で熱かったFreeのVST,VSTi,Soundfontを3回に分けて棚卸してみます。

初日はVSTエフェクトプラグインを一挙さらします。

個々のプラグインごとに「おすすめ度」と「対応OS」を書いてます。

一点注意ですが、対応OSはあくまで私が確認できた環境というだけで「未確認」のものでも突っ込んだら案外動くかもしれませんのでこの点だけご注意ください。

2016/12/29追記:2016年棚卸し記事も宜しければご覧ください。

やべえ急ごう!無料オープンベータVST「U-He Presswerk」チューブ感のあるコンプレッサー今だけ!

TSE 808

U-HeというVST制作をしている会社から「一般公開betaするよー」というお知らせを発見。チューブ感たっぷりのコンプレサー兼サチュレータ。

Betaとはいえ、機能制限はありませんが、クリスマス後(12/26)に期限が切れるとのことです。

俺的波形編集の肝:COMPその3 リリースによる音色変化

最近Album制作で音声編集する時間が長かったので思いつきで始めましたこの「俺的波形編集の肝」シリーズ。コンプレッサーについて解説いたします。音色の変化が分かりにくく、どう使えばいいのか分かりにくい処理の一つだと思います。「欲しい音」を自分の中で明確にし、狙っていくのがエフェクト処理の原則であり、コンプレッサーもまた同じです。

俺的波形編集の肝:COMPその2 アタックによる音色変化

最近Album制作で音声編集する時間が長かったので思いつきで始めましたこの「俺的波形編集の肝」シリーズ。コンプレッサーについて解説いたします。音色の変化が分かりにくく、どう使えばいいのか分かりにくい処理の一つだと思います。「欲しい音」を自分の中で明確にし、狙っていくのがエフェクト処理の原則であり、コンプレッサーもまた同じです。

俺的波形編集の肝:COMPその1 パラメータの解説

最近Album制作で音声編集する時間が長かったので思いつきで始めましたこの「俺的波形編集の肝」シリーズ。コンプレッサーについて解説いたします。音色の変化が分かりにくく、どう使えばいいのか分かりにくい処理の一つだと思います。「欲しい音」を自分の中で明確にし、狙っていくのがエフェクト処理の原則であり、コンプレッサーもまた同じです。

ページトップへ