ダイアトニック活用術


ダイアトニックの実践的な活用方法をご紹介する前に、7つのダイアトニックを役割ごとに3つに分類します。前回I , IV , Vはそれぞれトニック・サブドミナント・ドミナントという種類に分類できるとご紹介しました。I IV Vが基本中の基本ですが、それ以外のダイアトニックコードも役割毎に分類できます。

  • トニック系コード(安定):I , IIIm , VIm
  • サブドミナント系コード(属不安):IIm , IV
  • ドミナント系コード(不安):V , VIIm♭7

同じ系統のコードは入れ替え可能

入れ替え前:I , IV , V , I(キー:Cメジャーなら「C , F , G , C」)

C , F , G , C

入れ替え後:IIIm , IIm , V , VIm(キー:Cメジャーなら「Em , Dm , G , Am」)

Em , Dm , G , Am

コード進行のバリエーションを増やしたい場合、同系統のコードはそれぞれ入れ替えても進行が崩れずに雰囲気を変えることができます。これを代理コードと言います。

コード進行実用例

| Dm | G | C | Am |(IIm , V , I , VIm)

Dm , G , C , Am

循環コード(1=>6=>2=>5)と呼ばれる、延々続けてもかっこいいというスペシャルなコード進行を2から始めたバージョン。2から始まる曲はどことなくお洒落になります。

| F | G | Em | Am |(IV , V , IIIm , VIm)

F , G , Em , Am

サブドミナントから始まり、ドミナントにすぐ移行し、トニック系コードが続くというコード進行スタイルは割と頻出です。

ギター講座中級は以上になります。お疲れ様でした。ココまで到達すればスケールでフレーズを作り、ダイアトニックでコードを付けることで作曲が出来るようになったと思います。

次項、ギター講座上級では「よりアグレッシブにアレンジしたい」人向けに音楽理論を展開していきたいと思います。中級までの内容を十分に理解し、作曲等で実践を積んだ上でご覧いただけたらと思います。

ページトップへ