Aマイナーペンタでアドリブ

スケールとKey(調)について

A Minor Pentatonic Scaleは、直訳すると「Aで暗く落ち着く5つの音階」です。

曲には「一曲を通して使っていい音」があります。A調(Key)で暗く落ち着く音階から5つピックアップした音の集合体をAマイナーペンタトニックスケールと言います。

Aを1stとして、m3rd,11th,5th,m7thという5つの音を使います。丁度#や♭が付かない音使いがAマイナーペンタトニックの特徴です。

コードのように、6弦ルートポジションと5弦ルートポジションがあります。実際に弾いてみましょう。

Aマイナーペンタ 6弦ポジション

Aマイナーペンタ 5弦ポジション

繰り返し何度も弾いて、6弦ポジション・5弦ポジションを手癖にしてください。慣れてきたら下の譜例にチャレンジしてみてください。

Aマイナーペンタトニック練習曲


クリックすると画像が拡大されます。

マイナーペンタはRockやブルースの王道スケールです。慣れてきたら自分なりのフレーズを作ったり、Keyを変えて練習してください。

ページトップへ