Blog

カテゴリ:アイデア・考察 (2ページ目)

全26件

PV録ってみた。 Heartbeat from 2nd Album "CHANGING"

GVST - Gsnap

マルチクリエイターの某N.Wさんにプロモーションビデオを撮影していただきました。曲の根底だけを伝えて自由に映像作家・撮影・編集していただきました。

我々音楽家は動画に疎いままでは生き残れないんじゃないか?と思わされる体験でしたのでレポート。

Twitter音楽特化版?「Rdio」

マイコミ様で詳しく書かれていますが、どうやらTwitterのようなサービスが開発中のようです。公式ページは「coming soon」となっています。

何でもモバイルアプリを用意したり、itunesなんかと連携していつでもどこでも自分の手持ちの音楽を楽しめたり、音楽に詳しい人とのつながりを構築できたりする「音楽特化したコミュニティ」になるそうです。

今後どのように発展していくのか楽しみでもありますね。簡単ですが、こういう情報がありましたとのご報告まで。

個人音楽家がCDを作るには 第七回:広報

前回、販売開始までたどり着きました。今回は広報、ということで、折角作っても認知されなければどうしようもないのでここからが本番といっても過言ではないかと。

ライブ会場で物販、個人のHPで通販ページを立ち上げるなど色々考えられますが、ここでは「なるべく頑張らないで、なおかつ効果がそれなりにある方法」をピックアップしていけたらなと思います。日曜大工ならぬ、日曜ミュージシャンに嬉しい?内容を目指します。笑

個人音楽家がCDを作るには 第六回:CD・オンライン配信委託

前回まででオリジナルのCDを作りました。今回はオススメのCDの委託販売先、オンライン配信の委託先をpushします。選定基準は以下の通りです。

  1. 委託管理料等、年会費が掛からない
  2. (CD販売なら)CD-Rでの販売が可能
  3. 審査が緩め

最初は年会費を回収できるかどうか分からないため、料金体系は「一枚あたりいくら」が理想かなと。あと、CDプレスもコストが掛かりますし費用回収できる見込みがないうちはCD-Rをご自分で焼いて納品するのがいいかと。

個人音楽家がCDを作るには 第四回:DTPデザイン

一番大変なフェーズかもしれません。歌詞カード・ケース裏ジャケット・帯(たすき)部分のデザインをします。

専用のソフトウェアがないとこの工程は辛いですね。私は制作系出身のためAdobe社のIllustrator10(古)を持ってました。こいつを使います。

ページトップへ