Blog

カテゴリ:Vst(i)/SoundFont (6ページ目)

全134件

PujoheadSoft「Piconizer」ボーカルトラックをファミコンのピコピコ音に変換するフリーのVSTエフェクター

Piconizer

ファミコンの音色を再現したVSTiはちょいちょい見かけますが、これは「ボーカルトラックをファミコン音に変換するエフェクター」です。非常に珍しいというかその発想はなかったというか、一本取られた気がする素敵アイテム。Freeなので気軽にトライできるのもうれしいですね。

CFA SOUND「Supersaw OSC」 FreeVSTi saw音源

win 32bit版しか公開されてませんが、スタンダードなsaw音源。あーsawってこういう音だよねー、というイメージ通りのなんちゃらない感じの音ですがパラメータが分かりやすく、saw音源や電子楽器系の音色の取り扱いに慣れていない人でも簡単に使いこなせそうなシンプル設計が嬉しい音源です。

※2016/12/12追記:Supersaw OSCは公開停止したようです。後継機はSuper-7というようなのでそちらのリンクをはっておきます。

Synthewayのデモ楽曲が割とかっこいい

いろんな種類のVSTiをリリースしているSynthewayさん。そのVSTiを使って作られたデモ曲が結構リアルに迫るサウンドでかっこよかったので勢いで紹介させていただいちゃいます。

え、ドラムキットじゃない?シンバルだけ?シンバル専用音源「Cymbalistic」 by Alan ViSTa

一瞬、ドラムキット音源か!?と思ったらシンバルだけでした。

ハイハット、チャイナ、クラッシュ、ライドシンバルのセット音源です。一般的なドラムサウンドが欲しい場合は別の音源を素直に使うか、別途スネアやタム、キックだけ用意する必要があります。

1GB超 kontakt フリー 高音質なマンドリン音源「Ronroco」 by Samplephonics

マンドリンという、個人的には使用頻度の高くない音源ですが、いざ欲しいなーと思ったときに有料無料問わずラインナップの少なさに驚かれるかと思います。

マンドリンを使うシーンは、マンドリン自体が結構前面にでてくる(というかほぼソロとかデュオかな・・?)ケースが多いと思います。いざ必要になったとき、こういった1GB超という容量をふんだんにつかった妥協のないリアルサウンドがあると心強いですよね。

フリーのコーラスエフェクト Acon Digital 「Multiply」 KVR Developer Challenge 2014優勝の実力

2014年棚卸にも情報は載せましたが改めて使ってみて「やっぱいいなー」と思ったので記念に再紹介させてください;)

コンテスト優勝、ということでお墨付きの高品位コーラスエフェクトです。最近DAWいじってる時間が少なくなってたんですがこれを導入してからまたちょくちょくさわり始めました。エフェクトを効かせた音がとても心地よい。

ハンドクラップの無料VSTi「Clap Machine」 - 99SOUNDS

Clap Machine - 99SOUNDS

パーカッション音源ってバリエーションあまりないですよね。ハンドクラップはことさら少ないように感じます。そんなレアな音源がVSTiで無料提供されています。ファンク、ソウルなど、ブラックミュージック制作時に使ってみてはいかがでしょう?

ページトップへ