Blog

カテゴリ:Vst(i)/SoundFont (2ページ目)

全179件

「Filterjam」4バンドに分割した音の掛け合わせ方を選べるフリーのマルチバンドフィルタプラグイン

面白系の効果が得られるフィルターです。正直フィルタ系はあまり使わないのでアレなんですが、デモサウンドがたくさん掲載されていて「おおー面白そう!」と興味がわいたのでメモがてらにご紹介したいなと思い、掲載しました。

「EFEKTOR SILENCER」フリーのノイズゲート by KUASSA

シンプルなゲートエフェクトです。VST、VST3、AU、AAX版が用意されていて、windows 32bitないし64bitまたはMacOSで使用可能。ということでどのプラットフォームでも使用できる優等生です。特に出すぎた味付けもなく、ゲートとして使えるプラグインです。

Freeのチューブエキサイター「Bonch-Bruevich Tube」by SYNTLER

結構ガッツリ歪ませて使う系のチューブエキサイターです。エレキベースなんかに使うと良い感じのFuzzになります。

Windows 32bitのみ。歪みはFuzzモードとOverDriveモードから選択できます。

Bonch-Bruevich Tubeは上記ページの下のほうにあります。

HOME GROWN SOUNDS「Baby Bion」雰囲気の良いフリーシンセプラグイン

atomosphere系の音色が得意なフリーシンセプラグインです。画面UIがやたらごちゃごちゃしてるのがミソですが音質がいいなと思い、ご紹介させていただきました。エンベロープカーブを可視化してくれるのでざっくり音作りがしやすいのもいいですね。

Voice Synth「Aquestone2」ボカロみたく歌詞通りにしゃべらせるVSTi

ボカロみたいに歌詞通りに音を鳴らすことができます。ボカロみたいに一音一音調教できるわけではありませんが歌詞を読み込んでその通りにしゃべらせることができます。声質もダイナミックに変化させられるパラメータがついてますので男声から女声までと幅広い声を出すことができます。

多種多用なエフェクト・シンセが一度に揃う「Dead Duck Effects Bundle」「Dead Duck Synth Bundle」

4種のプラグインシンセと24種のエフェクトが一度に揃うフリーバンドル製品です。これは太っ腹ですね!DTM始めて間もない方は1つ1つ種類ごとにプラグインを探して導入しないといけない手間があって大変です。こういうバンドルモノがあればとりあえず音楽制作を始めることができますしありがたいです。

「Arminator」 ヤマハCS-80オマージュのVSTi by Krakli

1970年後期に発売された、ヤマハのシンセサイザーCS-80をオマージュして作られたVSTiだそうです。今聞くとレガシーな音に懐かしさがこみ上げる方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。ダウンロードはfacebookページから。

メサブギーっぽい粒の細かい歪み!オーバードライブのフリープラグイン「Greed Smasher」by MERCURIALL

メサブギーといえばハードロック系のギタリスト御用達のアンプ/エフェクターメーカー。そこのGrid Slammerっぽい歪みをVSTプラグインで再現したオーバードライブエフェクトのプラグインです。

2017年で最も使うことになりそうなフリーのサチュレータ「Tube Sat Vintage」by Wave Arts

フリーのサチュレータは数多く紹介してきましたが、最有力候補になりそうなプラグインです。ヴィンテージ系のプラグインということで温かみというか心地よい歪みをほんのりアクセント的に付け加えることができる優れもの。商用プラグインの技術を惜しみなく注ぎ込んだ究極のサチュレータプラグインが無料で使用可能。

Win 32/64bit、MacOS対応ということでどんな環境でも利用できるんじゃないでしょうか。

ページトップへ