momoseストラトタイプを宅録用にノイズレス化する話 3. EMG DG20(ピックガード一体型セット)導入

前々回「momoseストラトタイプを宅録用にノイズレス化する話 1. 考察~取り外し」でmomoseのピックガードを外し、前回「momoseストラトタイプを宅録用にノイズレス化する話 2. ノイズレスピックアップ考」でFender Vintage Noiseless Pickupを取り付ける夢から目が覚め(?)、結局EMGに帰ってきました。ただいまー!

一台目の録音ギターはSSH配列のSL20を付けました。momoseはSSSなので別のモデルを取り付けることにします。

いくつかラインナップがあるが・・・

中には「やたら高いもの」が売られているので注意が必要です。例えばサウンドハウスやamazon(公式)では3万円なのに、マケプレだと6万とか。EMGの正規のセットではなく、素人がピックガードに取り付けたサードパーティピックガードセットなんかも売られていたりして結構ここら辺は注意が必要。

EMG公式ページで探したところ、DG20、SL20、KH20の3種がEMG公式の製品のようです(注:記事掲載時点で確認)のでそれ以外の型番や製品名には注意。SSS配列だとDG20だけですね。今回はこれを取り付けます。

EMG DG20

EMG SAピックアップ3つに「SPCプレゼンスコントロール」「EXGエキスパンダー」を搭載している点が注目ポイント。SPCプレゼンスコントロールはTrebleをカットして中音域を持ち上げることで音を太く味付けします。その特性から、少しだけハムっぽい太目の音になる印象です。ロックバッキングなんかはノーマルのSAよりも合う気がします。ミッドブースター的な使い方がいいかも。ブラッキーみたいにソロで使ってもおいしいですね。

EXGエキスパンダーはLowとTrebleをブーストしますがドンシャリ感は強くなく、抜けと音圧が上がる感じがします。これらは同時に使うよりも個々に使い分けると良い結果が得られやすいようです。

アクティブPUらしい、いろんな味付けが楽しめる構成で、録音にも向いている要素がてんこ盛りでいい感じです。

EMG DG20箱
3万円で購入。説明書きにはソルダーレス(はんだなしで取り付けられる)だそうだが・・・

装着方法 電池部分

すでに前々回、momoseのピックガード一式は取り外してあるので取り付けるだけです。ギター本体の形状によってはピックガードを加工しないといけません。また、電池の置き場をどうするか決める必要があります。

EMG DG20箱
ピックアップ、スイッチ、ポット類は全てピックガードについてます。電池とジャックはこれから取り付けます。

まず電池ですが、DG20の説明書にはギター本体の中に入れろ!と書いてあります。すると電池交換のたびにネジを開ける手間がかかります。ネジ開けもノーリスクではなく、ネジ穴がバカになる可能性もあるので避けたいところ。よってピックガードにピンバイスで穴をあけ、そこから電池の配線を飛び出させることにしました。

EMG DG20の裏側
オモテからやるとEMGの基盤をぶち抜きそうなのでウラから。電池コネクタ(EMG母体につけるほうのソケット)が出入りできるくらいの大き目の穴をあけます。

ピンバイス
ピンバイスはなんでもいいですが、3mm穴くらいがいいでしょう。足りない分は棒ヤスリとかで拡げます。

ピンバイスの使い方は、ドライバーのように右回しするだけです。このピンバイスはヘッドを指で押さえ、ピンバイス軸を回転させることで穴を開けられます。東急ハンズで1000円くらいだった記憶があります。ピンバイスが接地している面とは反対側の面を指五本で支えます。貫通したときに手のひらをぶち抜かないよう注意。

ピンバイスで貫通させ、電池線をだした
こんな感じです。棒ヤスリは2mmの100円でかった格安のもので大丈夫でした。

電池はギター本体にテープで固定します。開けた電池穴はほこりが入らないよう、ガム状のゴムをつめるかマスキングテープなどで塞ぎます。

装着方法 ジャック

ここで問題が発生。momoseはピックアップザグリとジャックのザグリが小さなトンネルでつながっていて分離しています。そのトンネルにEMGのコネクタが入りません。結局ジャック部分の半田を自前でやらざるをえません。くそう!なにがソルダーレスだ!

ということで半田をやり直します。40Wのはんだごてしかないので半田を溶かしてはずすことは最初から諦めました。ニッパーでジャックに繋がっている線を切り落とし、線を本体ザグリからジャックザグリに通してから被膜をむいてはんだ付けします。

白線が2芯になっていて、内側がホット、外側がアースかな?

外側の被膜を1.5cmくらい広めに剥き、先端を8mm程度だし、その内線の3mmの被膜を剥きます。言葉ではむずかしいので写真を撮りました。

めんどくせえEMGジャック
はんだのツキが悪いのでフラックスをジャック側に塗りました。ふう。。

装着方法 ピックガード

ピックガードのビス穴の位置が本体と盛大にずれているため、ピンバイスで穴あけします。本来はピックガードをあててから本体にピンバイスで穴を開けたほうが楽なんですが本体に傷をいれたくないので。。。

写真取り忘れましたが4箇所くらいピックガードを開けました。

カンセイ!

電池がびろーんとでてるけど気にしない
やっと完成。電池の取替えもスムーズ。見た目は気にしない。

録音用ギターとして生まれ変わったmomoseです。YUTAピックアップとは違って少し線が細くてのっぺりした感じがあります。EXGエキスパンダーをフルテンにするとソロ映えする音に、SPCプレゼンスコントロールをフルテンにするとロックバッキング向きの音になります。これ一台でかなり多くの曲をカバーできそう。ノイズもほとんどないし期待通りの結果でした。

今回の施術で本体のネジ穴の一つが少しだけゆるくなってしまった。。。ネジ締めるときは気をつけないといけませんね。まぁmomoseのフレット交換のときにでもプロに直してもらうとします。その頃にはジャックも経年劣化しているだろうし、自分で取り付けたはんだが信用できないとしても、当座しのげればいいとします。

  • フレット交換
  • ジャック交換
  • ビス穴修復

いつフレット交換に出すか未定ですが、備忘録もかねてメモメモ。本体にザグリを開けたくないので電池はこのままでいきたいですね。

関連ページ

ページトップへ