2017年で最も使うことになりそうなフリーのサチュレータ「Tube Sat Vintage」by Wave Arts

フリーのサチュレータは数多く紹介してきましたが、最有力候補になりそうなプラグインです。ヴィンテージ系のプラグインということで温かみというか心地よい歪みをほんのりアクセント的に付け加えることができる優れもの。商用プラグインの技術を惜しみなく注ぎ込んだ究極のサチュレータプラグインが無料で使用可能。

Win 32/64bit、MacOS対応ということでどんな環境でも利用できるんじゃないでしょうか。

使いどころ

オケに馴染みのよくないドラムセットや、のっぺりした打ち込みのベース、ライン臭いギターなんかにもいいですね。また、Guitar Rigなどのアンプシミュレータで作った音の後ろにこのプラグインを挿してオーバードライブの変わりに歪みを足すと、音が潰れ難く抜けのいい状態のまま歪みを強くすることが可能です。

以前紹介したSGA1566というフリーのサチュレータと似た系統のプラグインです。打ち込みでバンドアンサンブルの曲を作るときとか、生楽器と打ち込みの音を混ぜるときは結構率先して使う機会が多いのでバリエーションが増えるのはありがたいです。

商用プラグインの技術が詰まったフリープラグイン

Wave Artsさんは商用プラグインも開発していらっしゃるデベロッパーです。Tube Saturator 2という有料プラグインの技術をベースに改良を加えた製品のようです。オリジナルが有料プロダクトなこともあって非常にデキのよいプラグインに仕上がっていて高音質です。しかもCPU使用率も低くて多トラックに挿してもDAWのパフォーマンスを損ないません。

音を太くしたい、歪みを足したい、オケとの混ざりをよくしたいときに是非お試しください。

関連ページ

ページトップへ