OBLIVION SOUND LAB「OSL Chorus」分かりやすいフリーのコーラスプラグイン

フラットデザインのGUIとシンプルなコントロールが印象的なコーラスエフェクトプラグインです。変わった機能や突出した変態性はないものの、軽量で高い操作性を併せ持った優等生。

Win Mac 32/64bit対応ということで大抵の環境で動作させられますね。ファイル容量は3MB程です。

心地よい揺らぎ

コーラスの原理は「原音に対して音程を少し変えた音を重ねて揺らぎを付け足す」という特性上、フリーのコーラスだとあまり気持ちよくない揺らぎを付け足して「このコーラスは味付けが濃すぎる!」という結論に至って使わなくなってしまうこともしばしば。

しかし、こちらのコーラスは原音を派手に味付けることなく薄味な印象。さらにDry/Wetツマミがありますので調整すれば「ほんのちょぴっとアクセント」を付け足すような使い方もできます。

例えばギターソロのときに、元となるアンプシミュレータの設定はバッキングと同じだけどこのコーラスを薄く付け足して音を太く聞かせたりといった使い方をしたいときも使いやすい。

打ち込みのベースが細いなーというときも良いかもしれません。敢えて強めにかけてフュージョン系のベースっぽい音にしても良さそうです。

軽量で分かりやすいGUI

CPU使用率をあまり占有することなく気軽に使える点もよいですね。先述の通り、コントロールつまみもシンプルですし常用用途としての基準はクリアしているんじゃないかと思います。

まずはリンク先のDEMO音源を聴いて、ご自身の作品に適用しやすそうかどうかチェックしてみてはいかがでしょうか。

ページトップへ