M/S処理に特化したフリーVST・AUプラグイン「MScontrol」 by tekit-audio

M/S処理といえば音圧を稼ぐのに今や必須のミックスダウンテクニックなんじゃないかと思います。今回ご紹介するMScontrolはM/S処理用のフリープラグインになります。

Windows 32bit/64bitおよびMacに対応。ダウンロードするためにはメルマガ会員に登録する必要があります。

こちらのページの真ん中らへんの「Name」「Email」と書かれているフォームから会員になる必要あります。

会員登録方法

フォームに入力したメールアドレス宛に確認メールが届きます(HTMLメール)のでそちらのメールに記載されているボタンを押して正式会員になります。

すると10分ほど経つとMScontrolのダウンロードURLがまたメールで送られてきますのでそちらのメールに記載されているURLからダウンロードします。zipで圧縮されたインストーラで10MB程度の容量です。

シンプルなプラグイン

凝った使い方をしないのであれば、presetからWiderを選択し、SIDE側のゲインを調整するくらいで良さそうです。

MScontrol

より凝った使い方をするのであれば、まずMSControlをEncodeモードで使用します。すると左側にMID、右側にSIDEといった具合にM/Sを左右にsplitした状態になります。LR左右をそれぞれAudioデータに書き出します。以下はSonarでLRスプリットで書き出す例です。

MScontrol

MIDとSIDE個別にエフェクトをかけます。最後にMSControlをDecodeモードで使用し、左右に分かれていたMIDとSIDEを再度結合して一つのステレオ音源にまとめます。(以下の例ではそのDecodeをMasterトラックでかけてます)

MScontrol

左右に別々のエフェクトをかけたいときはこのようにLRをMSに変換し、最後にまたLRに戻すような手順を踏みます。

使ってみた

音圧アップのお供にいかがでしょうか。なかなか使い勝手もよく、軽快に動作するプラグインです。ガンガン使ってみたくなるプラグインに出会えて久々にテンションあがりました。

ページトップへ