2014年棚卸 私が使ったFreeプラグイン(VSTエフェクト) 総数約50を種類別、おすすめ順に一挙ご紹介

VST

もういくつ寝るとお正月・・ということで2014年、私の中で熱かったFreeのVST,VSTi,Soundfontを3回に分けて棚卸してみます。

初日はVSTエフェクトプラグインを一挙さらします。

個々のプラグインごとに「おすすめ度」と「対応OS」を書いてます。

一点注意ですが、対応OSはあくまで私が確認できた環境というだけで「未確認」のものでも突っ込んだら案外動くかもしれませんのでこの点だけご注意ください。

コンプレッサー

主に各トラックの音量調整、マスタリング時のダイナミクス調整、ドラムやベースのアタック感調整に使います。

TDR Feedback Compressor II

TDR Feedback Compressor II

作者
TOKYO DAWN RECORDS
お勧め度
★★★★★
動作環境
Windows 32bit/64bit, Macで動作

普通のコンプレッサーはインプットを監視して音を圧縮しますがこれはアウトプットを監視する方法を取っているそうです。こうするとダイナミックレンジ広めな音楽的なニュアンスを損なわないそうです。

実際に使ってみるとほぼ全てのトラック/ほぼ全てのシチュエーションで使える完成度の高さが実感できると思います。音の劣化や変質がない(らしい)のでトラック別のコンプレッサーにも、マスタリングコンプとしても優秀です。

ThrillseekerLA

ThrillseekerLA

作者
VARIETY OF SOUND
お勧め度
★★★★
動作環境
Windowsで動作。(Windows 64bit, Mac未確認)

これは原音をちょっといじりすぎる感じがして、頻繁には使わなかったのですがついこの間「ライン録りのアコギに使ったらすげえよかった」という発見をしてしまった。音を積極的に太くしたい時に入れてみるとバッチリ決まるようです。Warm系といえば伝わるでしょうか。

Broadcast

Broadcast

作者
Jeroen Breebaart
お勧め度
★★★★
動作環境
Windowsで動作。(Windows 64bit, Mac未確認)

超軽量な3 band マルチコンプレッサー。自動Gainコントローラやリミッター、ゲートエフェクトも搭載。最大の特徴は軽さに尽きます。今は本家サイトが閉鎖されてしまっているので他のサイトから入手するしか方法がありません。

ReaXcomp

ReaXcomp

作者
Cockos
お勧め度
★★★
動作環境
Windowsで動作。(Windows 64bit, Mac未確認)

Freeのマルチバンドコンプレッサーは選択肢自体が少ないので貴重です。使いどころとしてはマスタリング時に低音をアタッキーに締めたり、ボーカルの中低音をタイトにしてダレた感じを抑えたり。

Rough Rider

Rough Rider

作者
Audio Damage
お勧め度
★★★
動作環境
Windows 32bit/64bit, Macで動作

説明文には「モダンなコンプレッサーにちょっとビンテージであったかさを加えたよ」とありますが、確かに太めの音に仕上がります。スレッショルドが「Sensitivity」というパラメータ名になってる点は最初戸惑いました。

最大の特徴はMIDIファイルを読み込ませて同期させるMIDI LEARN機能。ボーカルパートをMIDIで作って同期させてみましたが、正直違いが分からず・・・まぁそこは気にしないで使ってます。リズムトラックに使うと良いみたいです。

D2

D2

作者
de la mancha
お勧め度
★★★
動作環境
Windowsで動作。(Windows 64bit, Mac未確認)

あらゆるシチュエーションに使える、をモットーとしたコンプレッサーとのことで、起動も早くパラメーターもシンプル。良くも悪くも味付けがないので「迷ったらこれつかっときゃいっか」みたいなときにお世話になりました(ぇ

sixtyfive

sixtyfive

作者
de la mancha
お勧め度
★★
動作環境
Windowsで動作。(Windows 64bit, Mac未確認)

ビンテージなサウンドが売りで「dbx 165A」という1970年代の音楽制作シーンで使われていたハードウェアコンプレッサーの再現を目指して開発されたそうです。

低音が暴れすぎたキックや、がなり声の男性ボーカルトラックをマイルドに抑える用途でちょいちょい使わせていただきました。

BuzComp Free

BuzComp Free

作者
Buzzroom
お勧め度
★★
動作環境
Windowsで動作。(Windows 64bit, Mac未確認)

5年くらい前にも登場しましたBuzComp。本家サイトはクローズしてしまったのでWEBアーカイブからしか入手できない状況。

今でこそ音を太くするフリープラグインはたくさんありますが、昔はあまり選択肢が無くてこのBuzCompにはお世話になりました。今年になってからあまり使ってません(ぉぃ

C3 Multi Band Compressor

C3 Multi Band Compressor

作者
slim slow slider
お勧め度
動作環境
Windows 32bit Macで動作 (64bit未確認)

これはマルチバンドコンプレッサーです。高中低の3Bandのみですが、マスタリング時に高域がキンキンしすぎたときや中音域が飽和したときの応急処置に使いました。

珍しくMac対応、とのことで貴重ですね。他にMacで使えるマルチバンドコンプレッサーといったらOTT - Multiband Compressor effectくらいしかないですね。どれか1つ持っていればいいかなと思います。

リミッター/マキシマイザー

主にマスタリングで音圧を稼ぎます。目指せ-0.1db (何

Limiter No.6

Limiter No.6

作者
vladg/sound
お勧め度
★★★★★
動作環境
Windows 32bit/64bit, Macで動作

これは半端ない。Limiterというか、マスタリング用統合環境といった方が正しいかな。使いこなすのに結構時間かかりそうですが、ニコニコ動画に日本語での使い方動画がありますのでそちらを参考にしながら使ってみてください。

Limiter No.6 quick review (日本語版) - ニコニコ動画

AMPLIO 2

AMPLIO 2

作者
VST Zone
お勧め度
★★★★
動作環境
Windowsで動作。(Windows 64bit, Mac未確認)

これもリミッターというよりもマスタリング用統合環境的な。LOW MID HIGHの3つの音域別に「EQ」「ハーモニクス(エキサイター)」「オーバードライブ」「サチュレーター」「SPATIAL(空間/奥行効果)」をいじれます。つまり、音圧も歪みも奥行感もこれ一本で完結できます。

「オレの曲、なんか違うんだよ」なんて時はこれ使います。↑のLimiter No.6は綺麗に音源としてまとめるのに対し、こちらはアクセントをつけるようなイメージ。

参考動画(前身のAMPLIOの動画):Amplio VST - YOUTUBE

Barricade Pro

Barricade Pro

作者
Jeroen Breebaart
お勧め度
★★★
動作環境
Windowsで動作。(Windows 64bit, Mac未確認)

今はサイトが閉鎖されていて入手困難ですが、WEBアーカイブから手に入ります。文句なしにおすすめです。ただwindows 32bit版しかないのが残念ですが。

W1 Limiter / LoudMax / TLs-Pocket_Limiter

一気に3つ!私は個人的にはLoudMaxをおすすめします。何と言ってもWindows 32bit 64bit Macどの環境でも動くのがうれしい。しかもスレッショルド動かすだけのシンプル設計!

サチュレーター

テープシミュレータなど、デジタルな音源にアナログ感を付加します。

SGA1566

SGA1566

作者
Shattered Glass Audio
お勧め度
★★★★★
動作環境
Windows 32bit/64bit, Macで動作

2014年のフリーサチュレータはもうこれで、ってくらい重宝してます。マスタリング時に歪みやアナログ感が足りないなーと思ったらまずこれを試します。

あ、あとギターとかボーカルにオーバードライブ的に使ってもかっこいいですよ。GAIN上げすぎに気を付けていれば、使い方を間違えることもなくて初心者に優しい設計。

AcquaVox free

AcquaVox free

作者
Acustica
お勧め度
★★★★★
動作環境
Windows 32bit/64bit, Macで動作

20160921追記:ダウンロードするにはまず会員登録(メールアドレス必須)をし、会員ページにログインしてダッシュボードからダウンロードする手順に変わったようです。

正直、サチュレーターは好みの世界だと思っていますが、これは何と言ってもパラメータが少なくて簡単。カジュアルに使えていいです。

X-Tube

X-Tube

作者
XENIUM Audio
お勧め度
★★★★
動作環境
Windows 32bit/64bit

Windows 32bit 64bitで動作。Macは対象外だそうです。3 band別にサチュレーションをかけられるタイプです。細かいサチュレーションをしたいときはこれを使うといいのですが、いかんせんそこまで拘りたいケースがなくて結局3 band全部均一にかけてます・・・ただ、こだわり派な方には喜ばれるかと思います。

REVIVAL

REVIVAL

作者
SLATE DIGITAL
お勧め度
★★★
動作環境
Windows 32bit/64bit, Macで動作

つい最近、無料公開したもので、他のプラグインより使い込んでないんですがこれも「SGA1566」並みにあらゆるトラックやシチュエーションに利用でき、「Acustica」並みに設定が簡単。ただまぁ「SGA1566」とかと比較するとVSTの立ち上がりはそこそこ重たく感じます。マシンパワーがあるならもっと気軽に使うかも。

あと、最大の難点は「インストール手順がめんどい(2つソフトをインストールさせられた)」というのが・・・特にWindowsユーザの方は経験あるかもしれませんがソフト入れすぎるとPC重くなってDAWが余計不安定に・・なんてことも考えるとちょっと敷居が高いです。

FerricTDS

FerricTDS

作者
KVR Developer
お勧め度
★★★
動作環境
Windowsで動作。(Windows 64bit, Mac未確認)

古いプラグインですが定番のものです。最近は前述のSGA1566かX-Tubeばかり使いますが、古いプロジェクトファイルを見るとこれが刺さってることがあってほっこりします(何)やっぱり定番だけあって使い勝手は良いです。

FilterCrusher

FilterCrusher

作者
AudioAssault
お勧め度
★★
動作環境
Windows 32bit/64bit, Macで動作

つい最近リリースされたVSTです。このプラグインはハイパスフィルターとローパスフィルターなんですが、真空管らしい音に変質させるような処理をしてくれるそうです。フィルターの設定をそこそこにして通すとそれらしいサチュレーションができます。あと、真ん中のCRUSHボタンを押すと強めに歪みがかかります。

他、HeadCrusher Free IVGI PhreePhuzz 過去にご紹介しました

結局あまり使わなくなってしまったんですが、以前他にも当ブログで紹介しました。こちらも興味がありましたらご覧ください。

イコライザー

いわずもがなEQ。個別トラックにも2ミックスにも使います。

ColourEQ

ColourEQ

作者
DDMF
お勧め度
★★★★★
動作環境
Windows 32bit/64bit, Macで動作

白状しますが、もうほとんどこればっかり使ってます。後述のEQは実はあんまり使ってなくて・・・それくらい、狙い通りの結果が得られやすいEQ。

6bandのEQで、一番左はデフォルトでLowcutになってますが、ボタンを押すとシェルビングモードになります。一番右はモードを切り替えるとHightcutとかもできちゃう。一瞬、Lowcutは固定なのかな?って勘違いしやすいんですがそんなことなく、可用性の高い優秀なEQです。

wavesにこういうのなかったっけ?みたいな。パライコはこうでなくっちゃね、みたいな。

余計な機能とか奇抜なGUIとかいらない!という私みたいな人にうってつけのプラグイン。

BootEQ mkII

BootEQ mkII

作者
Variety Of Sound
お勧め度
★★★★
動作環境
Windowsで動作。(Windows 64bit, Mac未確認)

これはTube搭載イコライザーといった感じですかね。画面右側に真空管らしきものが見えますが、はい、プリアンプシミュレータ付です。ギターLine録音にこれを使うといい感じで暖かみが増して使える音になります。

T-RackS Classic EQ

T-RackS Classic EQ

作者
IK Multimedia
お勧め度
★★★★
動作環境
Windows 32bit/64bit, Macで動作

登録がしちめんどくさいんですが、有料VSTプラグインをだしてるだけあってとてもいい。マスタリングにこのT-RACKS使うとすんごい真空管風味が足されるんですよね。マスタリング以外では正直使ったことないっす。

LinearPhaseGraphicEQ 2

LinearPhaseGraphicEQ 2

作者
Slim Slow Slider
お勧め度
★★★★
動作環境
Windows 32bit, Macで動作。(64bit未確認)

マウスで描くようにしてEQを設定できる。グライコですが、61バンドも細かく分かれてますから、パライコ並にこまかく音いじれます。結構便利です。

Fnequalizer

Fnequalizer

作者
Oceanturtle
お勧め度
★★★
動作環境
Windowsで動作。(Windows 64bit, Mac未確認)

シンプルなGUIのEQ。7バンド使えるんで結構柔軟です。シンプルで好きなんですが、いかんせんwindows 32bitのみ、ということで将来性が心配です。

Equilibre

Equilibre

作者
AudioTeknikk
お勧め度
★★★
動作環境
Windowsで動作。(Windows 64bit, Mac未確認)

8バンド使えるんです。が、いかんせんwindows 32bitのみ、ということでやはり将来性が心配です。

Blue Cats Triple EQ

Blue Cats Triple EQ

作者
Blue Cat Audio
お勧め度
★★
動作環境
Windows 32bit/64bit, Macで動作

ずいぶん昔からある定番のFreeイコライザー。3 bandのみ。音も使い勝手もサポートOSも申し分ないのですが、3 bandでは自分の用途には合わなかった。

空間系(Reverb, Delay, Chorus, Flanger, Phaser)

好みがダイレクトに反映される空間系。というわけでサクッと軽めに紹介しますね。

Ambience

Ambience

EFFECT
Reverb
作者
SmartElectronix
お勧め度
★★★★
動作環境
Windows, Macで動作 (64bit 未確認)

FullとかDemoとかダウンロードリンクがいくつもあってややこしいですが、FullでOKです。ドネーションウェアなので、いつFull版のリンクがなくなるか、気が気じゃない(ぇ

起動は若干重たいんですがクオリティは良いです。結構頻繁に使います。

Reverberate LE

Reverberate LE

EFFECT
Reverb
作者
LiquidSonics
お勧め度
★★★★★
動作環境
Windows, Macで動作 (64bit 未確認)

軽量のサンプリングリバーブ。これ単体では意味がないんですが、インパルス応答データを別途用意すれば最高のリバーブエフェクターになります。インパルス応答データは↓こういうサイトで探します。

※インパルス応答データというのは、まぁSoundfontプレイヤーとsf2の関係みたいな感じ?

SampleDelay

SampleDelay

EFFECT
Delay
作者
Forward Audio
お勧め度
★★★★
動作環境
Windows 32bit/64bitで動作

初見でも使いやすいDelayで出番多めです。Mac版は残念ながらないのですが、「寄付したらもしかしたらつくるかもー」と作者様がおっしゃられています。どうなんでしょうね。Mac版を望む声もちらほら。。。

Lisc-Verb

Lisc-Verb

EFFECT
Reverb、Delay
作者
Saltline
お勧め度
★★★
動作環境
Windowsで動作。(Windows 64bit, Mac未確認)

ReverbとDelayが一緒になったVSTです。パラメータがシンプルでDelayとして使いやすいです。

Multiply

Multiply

EFFECT
Chorus
作者
Acon Digital
お勧め度
★★★★★
動作環境
Windows 32bit/64bit, Macで動作

KVR Audio Developer Contest 2014という、VST制作者のコンテストの勝者、ということで品質は最高によろしいかと。コーラス単体のVSTって時点で貴重な気もしますね。FreeのVSTでChorus単体って見かけないね。

DEMO音源もリンク先にあります。すんげえ綺麗・・・

Nebula3 Free Bundle

Nebula3 Free Bundle

EFFECT
[Flanger, Phaser]
お勧め度
★★★★★
動作環境
Windows 32bit/64bit, Macで動作

0円で買う、ということでユーザ登録が面倒ですが、品質の良いFlanger, Phaserその他リバーブやらEQ,COMPが手に入ります。

FlangerやPhaser自体、Freeのものはあまり見かけないのでぜひぜひこちらを使ってみてください!

ギター系(プリアンプ, オーバードライブ)

ギターのレコーディングで使っているVSTプラグイン。既に今月初頭にまとめましたが改めてもう一度振り返ります。

POD Farm 2.5 Free

POD Farm 2.5 Free

作者
LINE 6
お勧め度
★★★★★
動作環境
Windows 32bit/64bit, Macで動作

ご存知Podです。有料版と比較すると使えるアンプやエフェクトは少なくなりますが音質やソフトウェアの安定性はさすがです。また、スタンドアローンでも立ち上がるので、DAWいらずで日々のギター練習にも使えますね。

ひとまずFreeで使ってみて、将来的にはLine 6 のハードウェアとの連携も検討してみてもいいかも?

AmpliTube 3 Free

AmpliTube 3 Free

作者
IK Multimedia
お勧め度
★★★★★
動作環境
Windows 32bit/64bit, Macで動作

これも是非入れときましょう(笑 -9種類のストンプ、4種類のアンプ、5種類のキャビネット、3種類のマイク、2種類のラック・エフェクト・モデルを収録 とのこと。

ダウンロードにはユーザアカウント(無料)が必要なので少し手間がかかりますが、これはpodと共に持っておいて損はないかと思います。ギターのLine録音はもちろん、MIDIから書き出したwavにも使えていい感じ。

GUITAR RIG 5 PLAYER

GUITAR RIG 5 PLAYER

作者
Native Instruments
お勧め度
★★★★
動作環境
Windows 32bit/64bit, Macで動作

もう何年も私はGuitarRigをメインに使ってます。これは無料版ということで使えるアンプやエフェクトの種類は限定されますがそれでも使う価値があります。特徴は

  • JUMPとかいうマーシャルっぽいアンプしか選択できない
  • cabinetは17種類使える
  • 13種類のエフェクトが使える

という感じ。アンプの種類がネックな感じですが「オレはロックしかやらねえ」みたいな人にはもってこいなんじゃないでしょうか。

FreeAmp 3

FreeAmp 3

作者
Fretted Synth
お勧め度
★★★★
動作環境
Windowsで動作。(Windows 64bit, Mac未確認)

サウンドのかっこよさ、MacOS対応、音質面では後述の「LePou Plugins、LeCab、IRファイル」に一歩譲るかんじがしますが、これ一本でアンプもエフェクターも手に入る使い勝手、ユーザフレンドリーさは補って余りある。

例えて言うならGuitarRigみたいな感じでしょうか。手軽、リアル音質、音色の幅豊富と三拍子そろってます。

・・・それを言ったらまぁやっぱり「POD Farm 2.5 Free」推しになっちゃうんですけどね(ぇ

LePou Plugins、LeCab、IRファイル

LePou Plugins、LeCab、IRファイル

お勧め度
★★★★
動作環境
Windows 32bit/64bit, Macで動作

Amp sims pack, LeCab, IRファイルと、別個に3つもダウンロードしないといけないのが面倒ですが、手間をかけるだけあって本当にリアルなギターサウンドが手に入ります。

これと、後述の「TSE 808」、サチュレータ「SGA1566」、チューブコンプレッサー「BootEQ mkII」あたりを組み合わせるとよりLine録音くささが取れてカッコイイサウンドになります。また、既にご紹介した空間系エフェクトと組み合わせてもカッコイイですよ!

IRファイルの入手先はこんな感じかな。

TSE 808

TSE 808

作者
TSE Audio
お勧め度
★★★★
動作環境
Windows 32bit/64bit, Macで動作

ギターサウンドにおいてアンプシミュレータと組み合わせて使う。ないし、ボーカルトラックを歪ませてラウドにするなど、使い道があります。ギターエフェクターのチューブスクリーマーみたいな感じ。

Guitar Gadgets

Guitar Gadgets

作者
Musical Entropy
お勧め度
★★★
動作環境
Windows 32bit/64bit, Macで動作

ギター用マルチエフェクター。イロモノが多くて飛び道具サウンドになりがちですがマンネリな音作りに陥った時にききます。

Delay, Phaser, Reverbのような空間系から、スライサーやモジュレーション系と、デジロックサウンドを手軽に作れるのがいいですね。参考動画も貼っておきます

ギター用ですが、どうやらリズムトラックに使っても面白い効果が得られるようです。

Voxengo Boogex、Voxengo Tube Amp

Voxengo Boogex、Voxengo Tube Amp

作者
Voxengo
お勧め度
★★
動作環境
Windows 32bit/64bit, Macで動作

ぱっとみただのEQですが、アンプシミュレータを搭載してます。動作も軽めでWinもMacもOK。音もそこそこということで使い道もありそうですね。

SimulAnalog Guitar suite

SimulAnalog Guitar suite

お勧め度
動作環境
Windowsで動作。(Windows 64bit, Mac未確認)

GUIを持たない、軽量なアンプシミュレータ。軽いんでバリエーション増やす用に入れてるんですがあんまり使ってないっす。

ピッチ補正

Freeだとあまり選択肢はありませんから自然と限られてきます。

Gsnap

Gsnap

作者
GVST
お勧め度
★★★★★
動作環境
Windows 32bit/64bit

5年位前にリリースされたときは大騒ぎでした。Freeのピッチ補正プラグインの老舗。もはや定番プラグインですね。スケールを固定するFixedモードと、MIDIを読み込ませて使うMIDIモード対応。詳しくは当サイトの過去記事無料VST ピッチコレクト「GVST - Gsnap」ボーカルのピッチ修正にで紹介してますのでよろしければごらんください。

MAutoPitch

MAutoPitch

作者
MeldaProduction
お勧め度
★★★★
動作環境
Windows 32bit/64bit, Macで動作

いろんなVSTのバンドル「MFREEEFFECTSBUNDLE」に同梱されているプラグインMAutoPitch。一説には「VSTはもうこのMFREEEFFECTSBUNDLEさえいれときゃなんとでもなる」だそうです。

良く使うコンプレッサーやEQのみならず、あまり見かけないオートPANやトレモロなんかも同梱されている。確かに、これさえあればあらゆる状況に対応できそうですね。

KeroVee

KeroVee

作者
g200kg
お勧め度
★★★
動作環境
Windowsで動作。(Windows 64bit, Mac未確認)

ピッチを正確に補正するというより、パフューム的なケロケロボイスを作るためのもの。まぁ頑張れば補正にも使えます。

ディエッサー

ボーカルではほぼ確実にディエッサーを使います。サシスセソの音が強すぎて耳が痛いときの必需品。

Lisp De-Esser

Lisp De-Esser

作者
Sleepy Time DSP
お勧め度
★★★★★
動作環境
Windows 32bit/64bit (Mac未確認)

後述のSpitfishと違い、細かく帯域のRangeや、Qを指定できる。より精巧なエンジニアリングをしたいときはこっちを使うんですが、ディエッサーの扱いに慣れていないうちは、Spitfishでまず慣れてからのほうがいいかもしれません。

帯域選択が厳密にできる特性を生かすとボーカル以外のトラックにも応用できます。例えばドラムの2mixでやたらシンバルのアタックがキンキン耳に痛いときとか、ピンポイントに8000Hz - 9000Hzの範囲にディエッサーをかけるとキンキンシンバルだけを抑えるとかできちゃう。

Spitfish

Spitfish

作者
DigitalFishPhones
お勧め度
★★★★
動作環境
Windows 32bit, Macで動作 (64bit未確認)

真ん中のtuneで帯域を特定、senseがスレッショルド、depthがレシオのようなイメージ。パラメータが単純で使いやすく、狙い通りの結果が得られやすい。ということで使い勝手が抜群に良い点が気に入って使い続けてます。

あ、あとMac対応ということで、数少ないFreeかつMacで使えるディエッサーということで、持っておいて損はないかなと。ただ、古いPluginなのでDAWによってはちゃんと動くかどうかはやってみないとわかりません。

Modern De-Esser

Modern De-Esser

作者
Antress Modern Plugins
お勧め度
★★★
動作環境
Windowsで動作。(Windows 64bit, Mac未確認)

Downloadはわかりにくいですが「 Download Here (v4.95) 」をクリックすると全部入りのZipがダウンロードできます。

長いことFreeのディエッサーといえばこちらのModern De-Esserを使っていました。パラメータも特殊なものがなく素直でとっつきやすかったのですが、最近はLispのほうが良く使います。

ページトップへ