高音質で使い勝手抜群!無料の生ドラム音源Manda Audioの「MT Power Drum Kit 2」 Groove Agentみたい!

MT Power Drum Kit 2

GrooveAgentといえばわかりやすい(?)でしょうか。DTMドラム音源として使用可能なグルーブ自動生成VSTi。ひな型となるグルーブを選択して組み合わせて作る ないし、 普通にMIDIで打ち込んで作る。という2通りのドラムトラック作成が可能。音質も良くて動作もBFDとかに比べると軽い。

Mac/Windows 32bit 64bit対応というのもうれしい特性。インストールはひと手間が必要。メモがてらに補足しますね。

期間限定なんですかね?

リンク先をたどると「Now you can download the plugin for free」ということで、今なら無料だよ!とのこと。ええ。ええ。もういただくしかありませんとも(何

MT Power Drum Kit 2 ダウンロード画面
MT Power Drum Kit 2 - Full version Download For Freeを開くとこんな感じ。

MT Power Drum Kit 2 ダウンロード画面2
ふむふむ。ここからダウンロードして、なんか登録すればいいんですね?

ダウンロード、インストール手順

まず何はなくともダウンロードします。お使いのコンピュータのOS,bitに合わせてゲットしてください。

ダウンロードが終わったら、ファイルを解凍し、VSTフォルダに「MT-PowerDrumKit.dll」と「MT-PowerDrumKit-Content.pdk」をコピーします。

MT Power Drum Kit 2 ダウンロードしたら・・

次にDAWでVSTiを起動させます。すると↓のような画面が開きます。

MT Power Drum Kit 2 ダウンロードしたら・・

このYOUR COMPUTER IDというやつを↓のサイトに打ち込みます。

するとACTIVATION CODEが発行されますのでDAWに戻って入力すれば登録完了。使い始められます。

MT Power Drum Kit 2 ダウンロードしたら・・

実際に使ってみた感想

良い点

  • 使えるレベルの音質の無料アコースティック音源は珍しい
  • ドラムフレーズが思いつかない時に内蔵パターンを聞いて構想を膨らませることができる
  • MIDIをちまちま打たなくてもそれなりのグルーブパターンがすぐに作れる。これは楽器の練習時にリズムトラックとしてもさっと作って練習に利用できる
  • 動作が軽く、スタンダードな音色なため、音色を作り込む前段階(デモトラック制作)に「とりあえずこれで」とカジュアルに使える
  • 公式が「いろんなDAWのMIDIマッピングに対応したよ!」というナイスな計らいが素敵。

特に私みたいにMIDI制作と音声編集フェーズをソフトウェアごとパッツリ分けてる人にとって、MIDI制作をこういう軽い音源で済ませられるのは大きいかと思います。BFDで作るとほんと重たくて。。。あと、何気に各種DAWのMIDIマッピング対応用のマッパーファイルを配布してるのがいいですね。ダウンロードページの下の方、「MIDI Mapping - Presets」から利用できます。

こうしたらもっといいかも?

  • 音色が単一しかないのでバリエーション不足に陥る
  • ずっと無料で使えるのかわからん(笑

これは一長一短かな?音色を絞ったことでこれだけの起動の速さを保てているんだとしたら悪いことばかりではないかな。あと、BFDだと音色が多すぎて選ぶだけで時間かかっちゃう。デモトラックメイキングはいかに素早く自分の構想を具現化するか、だと思うのでこういうときはこっち使った方がいいかも。迷うことを少なくした方がいい時ってありますよね。

あ、あと、ふいに「やっぱ有料に・・・」となった時にPC買い換えちゃったとかになると悲しいことになりそうですね。

FULL版とDEMO版があるから注意です

20141023現在、ファイル名がMTPDK2-VST-32bit-Win-FULL.zipのようにFULL.zipってなってるほうが今回ご紹介した機能制限のないFULLバージョンです。このFULLがついてないやつはどうやらDEMO版のようです。(かつて有料だったころの名残?)

VIDEOページとかで配布されてるのはDEMO版なので、ファイルの名前には注意です。

ページトップへ