Android端末にTouchDawアプリを入れたらSonarとかDAWアプリのフィジコンになって幸せになった

現状、最高評価を得ているAndroid端末をフィジコンにするぞコノヤローなアプリ、TouchDaw。使ってみたらはかどりすぎて手放せなくなったので皆さんも是非。

そもそもTouchDawって?

400円くらいで買えるAndroidアプリです。フリーバージョンもあります。

ひとまずfree版で先に試してみてから買う、みたいな流れでいいかと思います。自分はせっかちなのでさっさと有料版を導入した後で「もし端末との相性が悪くて使えなかったらどうするつもりだったんだろう・・・」と冷静になってから鳥肌たちました。ええ。

アプリ入れた!次どうすんの?

英語の本家サイトのManual見てください!というのはあんまりなのでwindowsで実際に導入してsonarで動かしたところまで追って説明します。

とりあえず本家Manualのquick startを読みながら進めました。

どうやらrtpMIDIというMIDIドライバーをパソコンにインストールしないとだめらしいです。

64bitのwindows7でも問題なくインストールできました。

rtpMIDI入れた!次どうすんの?

wifiかBluetoothが使えるかどうか確認してください。自分はBluetoothなにそれ?状態だったのでwifi(フツーの無線LAN)でやりました。

次にrtpMIDIの設定です。ちょっとややこしいですが前述のTouchDAW本家のQUICKSTARTの画面キャプチャ画像を上から順に追っていけば何となくできました。

  1. My Sessionsの「+」add sessionボタンをクリック
  2. Session1 という名前をつける
  3. もう一度add sessionボタンをクリックして Session2 という名前をつける
  4. Session1 , Session2 にチェックが入っているか確認
  5. Session1はDirectoryのtdaw(and_101)RTP1を選んでConnectをクリック
  6. Session2はDirectoryのtdaw(and_101)RTP2を選んでConnectをクリック

rtpMIDIの設定は以上です。

rtpMIDI設定した!次どうすんの?

TouchDAWを起動し、Sonarと連動できるように設定します。

  1. 「Setup」>「DAWController」>「Sequencer」 でSonarを選択
  2. 「Setup」>「DAWController」>「MIDI Connection」でWifiを選択し、RTPを選択
  3. Local Sessionを選択

Android端末とSonarを動かすパソコンが同じwifiに繋がっていれば特にネットワーク周りの設定は不要のはず。

Bluetoothの場合はパソコンとAndroid端末をBluetooth接続する必要がありそうです。

TouchDAW設定した!次どうすんの?

Sonarを立ち上げてSonarの設定をします。

  1. 「オプション」>「コントロールサーフェス」>「右側のコントローラ/サーフェスを追加」ボタンをクリック
  2. 「Mackie Control」を選択
  3. 「MIDIデバイス」>入力はSession1, Session2をチェック
  4. 出力はSession1
  5. 入力ポート - Session2, 出力ポート - Session2
  6. MIDI>デバイスの選択 入力はSession1, Session2をチェック 出力はSession1をチェック

これで必要な設定は終わりです。あとはもうガンガンいじってください(笑)参考までに動作デモンストレーション動画を張っておきます。

あと、日本でもちょいちょい人気がではじめてるんだなーと実感できるAndroidマーケットの様子。

ページトップへ