フリーで使えるVSTサンプリングリバーブ「SIR」

長いことSONARに付属してたリバーブで頑張ってましたが、ちょっと気分変えたい・バリエーション広げたいと思い導入してみました。

結論から言うと「音はとてもいい。でもimpulseデータ(サンプリングリバーブのためのデータ)の管理めんどい」です。

導入方法

まずはこちらから本体SIRをダウンロードしてZIPを解凍。でてきたDLLをVSTpluginフォルダにぶっ込んでホストDAWを立ち上げます。

本体だけではリバーブとして使えないのでimpulseデータをゲットしてきます。googleとかでSIR impluse download のように検索すると色々でてきますが

とりあえずここからゲットしときました。zipを解凍して適当な場所にフォルダ毎置いておきます。

中でもレキシコン(Lexicon MPX1)のリバーブはSONARに機能限定版がバンドルされてますが、さすがに使い勝手いいです。SONARじゃないひとにも安心してお勧めできます。

使い方

まずはプラグイン起動。

右側の open file... からimpulseデータを読み込む

バスにsendして使うならDRYは0、WET100でいいかな。たぶん。簡単だなー

もうリバーブで困らない

有料版のSIR2の方が音質いいとか色々公式では書いてあるけど充分っす。確かにEQフィルター類はなんか音がぺらくなるのでOFFにしてますが・・・まぁバス側にEQ噛ませればいいだけなので特に問題ないですね。笑

ページトップへ