VSTではないけど!ボーカルピッチ補正に「VocalShifter」

GVST - Gsnap」や「KeroVee」はコンプレッサープラグインのように使いますが、これはボーカルトラックを解析して音階をタイムライン図にし、マウスで正しい音階を書くように使います。

コンプレッサー型では対処できない時に

GVST - Gsnap」や「KeroVee」の場合、予めスケール(調)を指定してやり、自動的にスケールに併せてピッチ補正をしてくれます。

しかし、多くの場合はそのままだと誤補正(特に半音間違えて補正されてしまうなどよくある)されてしまうことがあります。

こちらのソフトウェアVocal ShifterならまるでMIDIのピアノロールエディタのような感覚でボーカルの音階を描き、補正させることができます。

VSTではない

プラグインタイプではなく、スタンドアロンのアプリケーションのため、いったんボーカルトラックのみをモノでwav出力する必要があります。

補正を終えたら改めてDAWにインポートしましょう。

総括

要はAuto-tuneのグラフィックモードと同じ機能です。とはいえ、シェアウェアたるAuto-tuneの方が「不自然な音質変化」をかなり抑えてくれるため、Vocal Shifterでの過度な補正はさけるべきです。

ページトップへ