RECで使える!ストラトでジャズっぽい音を出す方法

結論から言えば相当向いてないっす。無茶させてる感が拭いきれません。素直にジャズ向けのギター買った方が早いですね(ココ重要)

今日は自分が実践している「ストラトを無改造でジャズっぽい音を出す方法」をご紹介!改造(ピックアップ変えたりとか)しちゃうと元に戻せないor戻したいときにすぐ戻せないので何かと不便でリスキー。創意工夫で何とかしちゃいましょう。

伝統的なジャズトーンといえばフルアコ・セミアコといわれるホロウ系のギターになると思います。それらとストラトをものすっごく主観で比較すると ・・・

ストラト

  • ポップな音
  • サスティーン良い
  • 輪郭くっきり
  • midが良く出る
  • 音がシャープ

ホロウ系

  • ストレートな音
  • サスティーン控えめ
  • 輪郭が丸い
  • ドンシャリ(弦にもよるけど)
  • 音太

とまぁ言ってしまえば正反対なわけです。

それでどうやってジャズトーンなんか出すの?となるわけですが一個ずつ解決していきましょう。

ポップな音

これはバネ鳴りやPU宙づり構造が故の独特な音なんで

どうしようもねえ!!

というのが正直なところですが、ブリッジ裏側に木片をかませたり、
スプリングにスミチューブをかぶせる事である程度緩和できます。

サスティーンが良い

↑と同じ対策である程度解消できます。
きんもい音にならないように上手に調整するのが大変ですけど。。。

抑え込みすぎてペキョペキョにならないように木片の噛ませ具合やチューブの密着具合を調整してください。コツとしてはグリグリ押し込まずに自然に「パコ」っとはまったらOK、ぐらいがいいかなと思います。

輪郭くっきり

トーンがついてるなら絞っちゃいましょう。俺のストラトでは3.3/10くらいがベストです。参考まで。
ボリュームも半分くらい絞っときましょう。

midが良く出る

元々ギターという楽器自体がmidにピークがある楽器なんですが、問題は帯域のバランスと、その音質というか音の立ち上がりですね。

帯域バランスはアンプセッティングやEQで頑張ってもらうとして、音の立ち上がりをまろやかにするにはピックを変えるのも一つの手です。

例えば自分は河原に行って角が丸い薄型の石を探してきてピックにしたり
5円玉を使って引いてみたり
ペットボトルのキャップを喰キリで加工したり

色々やりました。キャップの加工はすんごい面倒なので最近はやってません。
一番お手軽なのは石か5円玉ですね。石最強。ただし河原が近くにないと無理。

あとは弦をラウンド=>フラットに変えるだけでも違いますし、ブリッジ側で弾かずになるべくネック寄りの位置でピッキングするなど工夫が必要です。

音がシャープ

トーン絞りと↑でかなり対策できますが、それでも音が何か細い場合はクリーントーン向けのブースターエフェクターを噛ませるのも一つの手です。

自分は持ってませんが、XOTIC RC-BOOSTERとか良いかもしれません。(自分のストラトは元々の音がストレートに近いのでそこまでしなくて良い)

チューブスクリーマを持っているならそれで代用もできます。

  • Drive 0
  • Vol. 10
  • Tone 0

という極端なsettingでそれっぽくなります。BossのODでも同様の設定でいけそうですね。

あと、アンプはマーシャルは使わないほうが賢明です。あれは歪ませてナンボのアンプなんで。
cleanとかいうスイッチありますけどあれは厳密に言えばクランチトーンです。

JCやツインリバーブもあまりおすすめできません。抜け過ぎちゃうんですね。

じゃあどうすんだ?という声が聞こえてきそうですが、ポリトーンのアンプを使うとか、エフェクター噛ませて(エフェクトはかけなくてもOK。インピーダンス合わせるだけなので)ミキサーに突っ込むとかの方がそれっぽくなります。

ストラトでも頑張ればジャズが弾ける

めちゃくちゃ主観で書きましたが、「ストラトの弾き心地は好きだけどジャズ・フュージョンもやってみたい」という方は試してみてはいかがでしょう。

ライブだと「ストラトなのに何この音怖い」とか思われそうなのでREC向きかなと思います。EQを後付で調整しないと狙い通りの音を作るのが難しいですからね。。。

ページトップへ