一人カラオケ通称「ヒトカラ」をしない人は私生活・ビジネスで損をする

ものすごくアナーキーなタイトルですが、自分が2年以上ヒトカラを続けて実感する効果をご紹介します。私生活に、ビジネスに、とても良い影響があります。一つ一つ紐解いていきましょう。

ヒトカラは恥ずかしくない

昼間お勧めです。昼休みの合間に。営業外回りの合間に。一時間でも30分でもちょくちょく寄ってみましょう。一回入ってみると分かりますが、ヒトカラ率がここんとこ高いです。DTMの録音をカラオケで済ませる人が増えたのか、DTM自体が浸透して自分の歌を鍛えたいのか、真意は分かりませんが、皆歌が好きで他人の歌だとか誰が来ただとか気にしちゃいません。自分で「恥ずかしい」と思い込んでいるに過ぎません。まずはその思い込みを外しましょう

趣味は>ヒトカラです

実際に会社でいいましたが「ああ、最近多いよね」とヒトカラの地位が向上しているのが分かります。もはや分化として成り立ち始めてます。もうおわかりでしょう?恥ずかしいなんてとんでもない。素敵な趣味です。スポーツ事務で体を鍛えるのと同じ。声や肺を鍛える。魅力的な声になりたいという「声の筋トレ」感覚で楽しむものだと世間も認知し始めてます。

ヒトカラに向いてる店・向いてない店

一部のカラ鉄は「ソフトドリンク飲み放題」「昼間30分150円」と安くて飲みまくれます。そうです。低価格で飲めるもんが十分に飲める店が最強。歌広とかもそうですね。お勧めです。

逆にカラカ●とかビック●コーとか、ワンドリンク制となってる所は室料+糞高いドリンク代まで取られます。トータルコストが倍くらい違います。もうヒトカラーからしたらウ●コ店です。ヒトカラには向いてません。あれは宴会場です。ターゲットユーザが違うんでしょうね。

肺が強い=酸欠しにくい=長時間レコーディングに耐えられる

という点に関しては恩恵があります。あと、自分の声に自信が出て
仕事でもハキハキ伝えたいこと伝えられるようになる。
発声自体に説得力が増す効果が有ります。

ビジネスマンはむしろガンガンヒトカラで声を鍛えちゃいましょう。ストレス発散にもいいですしね。

まとめると

  • ヒトカラは「声の筋トレ」
  • ワンドリンク制の店は除外
  • 声が魅力的になって貴方の好感度UP!

Taisukeはヒトカラを応援します。歌広とカラ鉄を応援します。ワンドリンク制は要らない子(何

ページトップへ