楽譜制作用プログラミング!?「lilypond」とオンライン版「weblily.net」

GNUというUnixとかlinuxとか、皆さんはあまりなじみのない世界のソフトを作ってる団体が「楽譜を作るプログラミング言語があってもいいんじゃないか」ということで作っちゃった「lilypond」。独特な言語ですが、「綺麗な楽譜が作れる」をモットーに開発したそうです。今回はメインでオンライン版の「weblily.net」に焦点をあててご紹介

とにかく使ってみる

weblily.netのトップページから「Run LilyPond」をクリックすればもうすぐ始まります。左側にプログラムコードを書くと、ほぼリアルタイムで右側の楽譜に変更が反映されます。

weblily楽譜制作画面

印刷ボタンとか色々有るけど何コレ?

新規作成やUNDO,REDOの他に、独自の拡張子.lyでPCに保存したり、逆にPCに保存した.lyを読み込むことも出来ます。印刷ボタンはPDF化してダウンロードする形になります。

リファレンスが膨大すぎ

個人的には興味は持ったけどこのリファレンスの量の多さを見て「ぐはぁ!」と感じました。ちょこっと遊ぶくらいでやるか、がっつり「コレでメシくったるわ」くらいの意気込みで挑むか、あなたはどちらにします?私は前者をお薦めします(笑)

ページトップへ