個人音楽家がCDを作るには 第六回:CD・オンライン配信委託

前回まででオリジナルのCDを作りました。今回はオススメのCDの委託販売先、オンライン配信の委託先をpushします。選定基準は以下の通りです。

  1. 委託管理料等、年会費が掛からない
  2. (CD販売なら)CD-Rでの販売が可能
  3. 審査が緩め

最初は年会費を回収できるかどうか分からないため、料金体系は「一枚あたりいくら」が理想かなと。あと、CDプレスもコストが掛かりますし費用回収できる見込みがないうちはCD-Rをご自分で焼いて納品するのがいいかと。

オススメCD委託販売先

Muzie Shop

管理人も現在委託販売申請中のmuzie。審査に3週間ほどかかるそうです。

料金体系は売れたら30%muzieの取り分になります。委託販売に関しては全く問題はないのですがこのmuzie、実は「サイトが重い」「インターネット回線が遅いとmp3アップロードがエラーになってできない」と色々難があります。アーティストコミュニティサイトとしてはあまり優秀ではないようです。今後の改善に期待。

サウンドマーケットCUE

音楽好きのテンチョーがアーティストに代わってCD在庫管理・発送をしてくれる。料金は「一枚売れる毎に380円」とのこと。muzieの申請があまりにノンビリなのでコッチに乗り換えてみようかなとか考え中だったりして。笑 対応がどの程度迅速か、分かり次第Blogで共有しますね。

CDだけでなくグッズ等も販売できるそうです。

オススメオンライン配信委託先

monster.fm

ココくらいしか「年会費じゃない料金体系」の配信サイト知らないだけだったりして。笑

流れは以下のとおり。
アーティスト登録=>本人確認書類送付(免許証をスキャンして送付、でもOK)=>振込口座設定=>楽曲登録=>審査=>おめでとう!

ウィジェットを通じてご自分のホームページやブログで楽曲の販売ができるようになります。販売料金は「視聴のみ」「全曲アルバムダウンロード販売はいくら」「曲ごとにいくら」と細かく設定できます。

有料オプションとして、着うたを配信・3150円でiTunesMusicStoreなどの配信サービスでの配信申請代行をしてくれたり。

wav音声データをアップロードする際の注意

一つだけ注意があります。アーティストツールという、楽曲のアップロードツールが公開されていますが、そのツール経由でDAWから書き出したままのwavデータをアップロードすると曲の頭にプチノイズがはいる可能性があります。解決策はiTunesでwav=>wav変換することです。


「編集>設定」のメニューからwav=>wav変換のための設定を行う

この現象はmonster.fmに報告いたしました。笑 そのうちFAQに載るかも?ちょっと期待しておきます;)

関連ページ

ページトップへ