個人音楽家がCDを作るには 第三回:広報素材の準備

前回でCDの楽曲制作は完了したものとします。歌詞カード制作に入る前に広報素材を作っておきましょう。

以下の1st Albumを自主制作した時のノウハウを晒します;)

ダウンロード配信版
monster.fm

Youtubeインターネットでお手軽告知

CDを作っても告知しなければ意味がありません。そこで、動画配信サイト「Youtube」に投稿して、国内外のインターネットユーザに向けて自己アピールしちゃいましょう。

私はCDに収録する楽曲のサビ部分を抜粋してフェードでつなぎ合わせた「ダイジェスト版」を作り、それにジャケットの画像をはっ付けて動画にしました。お手持ちのDTMソフトで簡単に作れちゃいます。


曲同士をフェードイン・フェードアウトで繋ぐ。曲数が多いと大変だけど頑張って!

ダイジェスト版でけた!でもどうやって動画にすんの?

Windows付属のムービーメーカーを使うと動画が作れます。「スタート」>「すべてのプログラム」>「Windowsムービーメーカー」を起動します。


DTMソフト同様、タイムラインに合わせて文字を表示したり音声を挟んだり。

ビデオのところに画像(もしくは動画)を入れます。画像の場合、タイムライン上の端をドラッグすることで表示時間を調整できます。他にも、単色の背景に字幕を表示したり、動画の下や上にタイトル字幕を付けたりできます。もちろん、作ったダイジェスト版の音源を差し込むのを忘れずに。

ムービーメーカーの使い方は↑のサイト様を参考にしました。

画像とかいいからとにかく音声だけ載せたい

mp3をYoutube動画にしてくれるサービスがありますのでそちらをご利用されてはいかがでしょう?

購入者特典の用意 携帯音楽配信

購入者に携帯の着う●(←商標登録されてる名称のため、安易にCDとかに「着●た」なんて書かない方が良いですよ)をプレゼントします。携帯は常に持ち歩きます。携帯をすっと取り出して「おい、こういう曲しってるか?」なんて口コミで広めてもらえたらありがたいですよね。

mp3=>携帯音楽に変換

ここで変換したファイルを、ご自分のWEBサイトにアップロードし、歌詞カードとかにURLを書いておきましょう。QRコードにしておくのも親切ですね。

注意

携帯会社の大人の事情で、個人で制作した携帯音楽は「着信音として設定できない」仕様のようです。あくまで「携帯で鳴らせる」だけです。なんだかなぁー・・・

個人のWEBサイトを立ち上げる

一番忘れちゃいけないのが「自分のオフィシャルページ」ですね。音楽活動の拠点、あなただけのレーベルを立ち上げちゃいましょう。

今や無料でホームページやブログを立ち上げられる時代ですし、ご自分のスキルに合ったものを選んでみてください。個人的には「HTML色々いじれるならfc2ブログ」「テンプレートで簡潔に立てたいなら楽天ブログ」かなと思います。(もちろん、スキルがある方ならホームページ領域をレンタルするのもいいですね。)

関連ページ

ページトップへ