今年使った無料VST(i) / SoundFontの棚卸し! その3 SoundFont編

ラスト、SoundFontの棚卸しです。SoundFontはハイクオリティなサウンドが多数あり、予めダウンロードしてストックするようにはしてません。楽曲で必要になって初めて探す感じ。数は少ないですが、方向性のある良品ばかりだと思います。

SoundFont部門

★★★こりゃ良い!!お勧め!!のLineUp

Splendid Grand

以前、当ブログでもご紹介いたしました。ピアノソロ曲にこの音源を使うとそれなりな感じがしますが、オケ内での響きは最強。これは無料で手に入るピアノ音源の決定版とも言えます。リアリティ・オケとの混ざりやすさ・ノイズの少なさ等などどれも申し分ない感じ。

ピアノソロ曲に使う音源なら、有料のVSTiをおとなしく使うか、こいつの音色に空間系エフェクトをかましてみるとか、一工夫必要そうですね。

Equinox_Grand_Pianos

これも以前、当ブログでもご紹介いたしました。上のSplendid Grandと比べてまろい感じ。上はサンバとかラテンとかに、こっちはボサノバに。みたいな感じで使い分けようかな。

★★おお、使える!のLineUp

Splendid Grand

これ一つでViolin / Viola / cello / contrabassが含まれてます。もうとりあえずこれがあれば弦楽器はいい気がします。笑 適度にリアルですし、アンサンブルにした時の混ざり具合も上々で使いやすいです。

WT Trumpet

トランペット。うん、中々いい感じ。リバーブをうっすらかけるともっといい感じ!艶っぽい音ですね。

★うん、中々。のLineUp

Douglas Concert Timpani

ティンパニ。非常にリアルでかっこいいです。まだ使いこなせてないのですが。笑

駆け足ですが3日連続、2009年のVST(i)/SoundFontの棚卸しを無事終了しました。来年も良い音楽ライフを送れますよう、お祈り申し上げます。良いお年を!

関連ページ

ページトップへ