無料VST ピッチコレクト「GVST - Gsnap」ボーカルのピッチ修正に

GVST - Gsnap

これはいい!ピッチ補正のVSTエフェクト。GVSTの「Gsnap」です。操作も簡単。コンプレッサーみたいな感じでお手軽に使えます。

使ってみよう

ピッチ補正は通常ボーカルに使います。良い声してんだけど音がちょっとはずれてんだよなーなんて時は是非お試しを!

モードは二つ

FixedモードMIDIモードがあります。Fixedモードは、コンプレッサーのように「つまみをいじってセットした値で音を補正する」モードです。MIDIモードは「ボーカルと同じ音階のMIDIを読み込ませて、MIDIのノートに合わせる」モードです。

Fixedモード使い方

左側は音程のモニタリング。読み込んだ波形の音程が表示されます。赤が補正前・緑が補正後のモノ。あくまで目安とし、自然な感じで補正されてるかどうかは耳で確かめると◎。

  1. Fixedモードを選択
  2. Scale(曲のキー・調)を選択 (Scaleを選択すると、右側のモニタ画面の鍵盤(らしきもの)がいくつかグレー反転します。「この音程はキーから外れてますよ」という意味(らしい)
  3. パラメータをセット

パラメータについて

左から順番に。

  1. 「Threshold」どのくらい音が外れたら補正を効かせるか。ガチガチにするとピロピロボイスになります;)
  2. 「Amount」100%に近づけるとガツン!と補正。低いとマイルドに徐々に。
  3. 「Attack」発声後、何ミリ秒後にエフェクトを効かせるか。あまりにも速すぎると不自然なかかりに。。。
  4. 「Release」エフェクトの持続時間。あまりにも速すぎるとストン!とエフェクトが切れて不自然に。。。

コツは?

お気づきの通り、パラメータが「コンプレッサーそのまんま」です。コンプレッサーを使うとき、どんな感じで使ってたか思い浮かべて使うと良いと思います。あとは自分の耳を信じて慎重に。

MIDIモード使い方

非常にシンプル。

  1. MIDIモードを選択
  2. どのMIDIチャンネルをピッチ補正に使うか設定
  3. 必要に応じてパラメータをいじる

パラメータについて

左から順番に。

  1. 「Pitch Bend」ノートとノートの間をスムースに繋ぐベンドをどのくらい強く付けるか
  2. 「Vibrato」ビブラートを掛けるかどうか
  3. 「VibSpeed」ビブラートの揺れ具合

用意するMIDIについて

ボーカルと全く同じものを用意

こちらは単純明快。MIDIでボーカルの仮トラックを作り、それを読み込ませる。リアルタイムで補正してくれる。

ボーカルで使用する音階をならしっぱなしにしたMIDIを用意

曲のキーに合わせて、音をならしっぱなしにする。つまり、曲の長さ分だけものすごくながーーい音を書いたMIDIを読み込ませる。指定したピッチに合わせて補正してくれる。

その他、シェアウェアピッチ補正プラグインの推薦

フリーのピッチ補正って、このGsnap意外にみたことがありません。結構貴重かも?シェアウェアならAntaresさんのAuto-Tuneが有名です。

Gsnap同様の機能に加え、「グラフィカル補正モード」というものがあり、大変こまかーーーくピッチ補正ができます。これはピッチを「線で手書きできる」というもの。MIDIのピアノロールエディタのような感じでボーカル補正ができますから厳密なピッチ補正はやはりAuto-Tuneでやるのが一番かなと。

GVSTさんについて

Gsnap以外にも色々出してます。お探しのモノがあるかもしれませんね。。

2012/07/25追記

G-snapと同等の機能を持った国産プラグイン、ピッチ補正ソフト「KeroVee」を発見。こちらも合わせてご覧ください。

2014/10/16追記,

さらにWindowsもMacでも使えるピッチ補正プラグイン「MAutoPitch」を発見、検証・レビューしてみました。

関連ページ

ページトップへ