ギター講座番外編 コード進行あれこれ その3 特殊なセカンダリードミナント

以前、長調・短調の曲のコード進行をご紹介しました。今回はちょっと変わった、特殊なセカンダリードミナントの使い方をご紹介。

特殊なセカンダリードミナント

一応、Cメジャーのダイアトニックを参考までに貼っときます。

I△7 IIm7 IIIm7 IV△7 V7 VIm7 VIIm7(b5)
C△7 Dm7  Em7  F△7  G7 Am7  Bm7(b5)

ダブルドミナント(DD=II7)

    |- D ----------|
    |                   |
    |- SD - (D) ---- -|
DD-|                    |-- T
    |- SDM(長調のみ)-(D)- |
    |                   |
    |-------------|

T=トニック SD=サブドミナント D=ドミナント SDM=サブドミナントマイナー

※DDの後のSDやSDMを経由したあと、Dに行かずにTに直行することもある
(サブドミナント終止、サブドミナントマイナー終止、というらしい)

例)
| C△7 | D7 | F△7 | Fm7 | C△7 |
          (DD    SD     SDM    T)

IV7

長調では

(Cメジャーでは)IV7は「Eb音」を持つ。Ebはブルーノートのため、ジャズ・ブルースに使われたり。
IV7に続くコードはIIIm7やV7が多い(気がする)
※補足:IV7はVII7の裏コード。そのため4度上昇のIIIm7を強く求めるコードだったりして。裏コードの詳細は「代理コードと裏コード(番外編その4)」参照

例)
| C7 | C7 | F7 | Em7 |

短調では

Melodic minor(長6度と長7度をもつ)上にIV7があり、因縁が非常に深い。
他にもドリアンスケール(長6度と短7度をもつ)との因縁もある。別名「ドリアンの4度」とも。

A Melodic minor

Im△7 IIm7   bIII△7(#5) IV7  V7  VIm7(b5) VIIm7(b5)
Am△7 Bm7    C△7#5     D7  E7   F#m7(b5)  G#m7(b5)

A Dorian Scale

I II bIII IV V VI bVII
A B C D E F# G
Aマイナースケールと比べると、6度の音が短音=>長音に変化している。

例)
| Am7 | D7 | F△7 | E7 | Am7 |
[平行調で    II7    IV△7]
          DD    SD ・・・ダブルドミナント進行

関連ページ

ページトップへ