ギター講座番外編 コード進行あれこれ その2 短調の場合

前回は長調前提でした。今回は短調の場合のコードワークです。

短調の場合

ダイアトニック

Natural

Im7 IIm7(b5)  bIII△7   IVm7 Vm7 bVI△7  bVII7
Am7 Bm7(b5)  C△7      Dm7  Em7 F△7   G7

Harmonic

Im△7 IIm7(b5) bIII△7(#5) IVm7 V7  bVI△7  VIIdim
Am△7 Bm7(b5)  C△7#5     Dm7   E7   F△7   G#dim

Melodic

Im△7 IIm7   bIII△7(#5) IV7  V7  VIm7(b5) VIIm7(b5)
Am△7 Bm7    C△7#5     D7  E7   F#m7(b5)  G#m7(b5)

横断的混合ダイアトニック

Im7 IIm7(b5) bIII△7 IVm7 IV7 V7 bVI△7 VIm7(b5) bVII7 VIIdim
Am7 Bm7(b5)  C△7    Dm7  D7   E7  F△7   F#m7(b5)    G7   G#dim

セカンダリードミナント

I7 II7 bIII7 bVI7 VI7 VII7(ほとんど使用されない)

セカンダリードミナントとドミナントモーション

「ダイアトニック上にないツー」と「ファイブ」進行

※使いすぎると調性が保てなくなるので注意

bVIIm7 bIII7
Gm7   C7

bIIIm7 bVI7
Cm7   F7

IIIm7(b5) VI7
C#m7(b5)  F#7

平行調(Amに対してC)上のツーファイブは印象が長調っぽくなるよ

IVm7 bVII7
Dm7  G7

例)ドミナントモーションを「V7のIIm7 V7」ツーファイブ分解を用いた進行
| C#m7(b5) F#7 | F#m7(b5) B7 | Bm7(b5) E7 | Em7 A7 |
| Am7    D7  | Dm7    G7 | Gm7   C7 | Cm7 F7 | G7 Am7 |
                                         (終止へ)

IV7の使い方次第でグンッとお洒落さん

メロディックマイナー、またはドリアンスケールから拝借したIV7。

Aドリアン(Cメジャースケールと比べると、6度が増6度になっている)

Im7 IIm7 bIII△7 IVm7 Vm7 bVI△7 VII7
Am7 Bm7 C△7   Dm7  Em7  F△7  G7
※補足:D7をV7としたEマイナースケールと構成音階は同じ

例)IV7
| Am7 | D7 | G7 | C△7 |
       (ドミナントモーション ダブルドミナント)
| C△7 | Am7 | D7 | E7 |
              (メロディックマイナー上の進行)

フリジアンスケールとスパニッシュと裏コード

Aフリジアン(マイナースケールの2度が短2度になった)

Im7 bII△7 bIII7 IVm7 Vm(b5) bVI△7 VIIm7
Am7 Bb△7  C7  Dm7  Em(b5)  F△7   Gm7
※補足:C7をV7としたDマイナースケールと構成音は同じ

例)スパニッシュな響き
| Am | Bb | C | Bb |

裏コードとして、bII7を使うことがある。
バリエーションとしてbIII7(b5)とすることもあり。
| Am7 | Bm7(b5) | Bb7(b5) | Am7 |
※裏コードの詳細は「代理コードと裏コード(番外編その4)」参照

関連ページ

ページトップへ