カッとなって「ToneMatrix」を作曲に応用してみた

今は後悔している。引き続き「ToneMatrix」の記事を。こいつを実際に作曲に応用してみた。

トランス風にしてラップで歌い上げた。リズム楽器と声以外はToneMatrixの音を使ってます。エフェクト掛けすぎで原型とどめてない音もあります。

今回の作曲で分かったこと

  • どうやらBPMは120
  • 他の楽器と縦合わせるために、DAW(Sonar)上でミリ単位でタイミング合わせないといけないのがだるい
  • これ単体のVSTiプラグインないかな、とちょっと思った。

VSTiは見つからなかったけどハードウェア製品で似たものが

Korg様から発売。グリグリ動かすだけで動的ハイパーダイナミックなサウンドフレーズができちゃうんだから、さぞかしストレス発散になるでしょう。

音階や音色が断続的に変化するという楽器は、生楽器をやってる人にはなじみがないので、いつもと違ったインスピレーションがでてきて作曲のマンネリ打破にもなるかも。

関連ページ

ページトップへ