そのメンテ、プロに頼む?自分でやる?

今日はギターメンテナンスをプロに頼むか自分でやるかについて。

素人が手を出していい分野と、素人がやるとメンテどころか悪化する分野を切り分けて見ました。

自分でやれるようにしとくべき

頻度が高く、コレをやったからといって、そうカンタンにはギター壊れないだろ!っていうメンテ内容。

メンテ内容 理由・コメント
弦交換 弦の交換なんて日常茶飯事。都度プロに頼んでたら破産します。笑
指板クリーニング これもギターを弾き終わったら毎回弦と一緒に乾いた布で拭く。上の弦交換と合わせてレモンオイルを薄く塗り、乾拭きをしておくといいかも。

自分でできると便利。自信のない人はプロへ

頻度は中程度、ちょっと不器用な人にはドキドキなメンテ内容。

メンテ内容 理由・コメント
オクターブ調整 開放弦と12フレットの音がバッチシ合うか、ブリッジを調整。
弦高調整 音・弾き心地にシビアに関わってくるため、自分でやることに賛否分かれます。
トレモロスプリングの増減 ギターの裏の蓋をあけるとバネ入ってます。そこのバネを増やしたり減らしたりとっかえたり。弦をブッとくしてブリッジが引っ張られて浮いちゃったときに。

プロ直行

素人には手におえない、神の領域。

メンテ内容 理由・コメント
ネック調整 ネックの反りを直します。ヘッドにあるトラス・ロッドを回して調整。一気に回すとネックが割れます。。。自分でできなくはないけど、ネック調整した後はオクターブ・弦高・ブリッジ調整などなど、他のメンテも複合的に必要になる。大変だし、影響範囲もでかいからプロに出しちゃった方がいい。
フレット調整・交換 前、安物ギターを自分でやったけどすんごい時間かかった。ネックがなんか毛羽立った。素人には無理。
電気ノイズ モノによってはジャックの六角ナットを締めたら直った、とかもあります。接点復活剤は一時しのぎで、悪化させてしまうケースも。電機ノイズの原因がわからない場合はプロへ。原因としてはアース不良が多いみたいですね。

思いつく限りではこんな感じでしょうか。ギターの種類や構造、ブリッジのタイプによってそれぞれメンテの難易度は変わってきますから、ご自分のギターを見て「なんか特殊っぽい」と思ったら要注意。プロに相談してみましょう。今後、ブログでは個々のメンテの仕方をご紹介できたらいいなと思ってます。

ページトップへ