Indaba Music - オンラインでDTM・セッション

オンラインでDTMが楽しめて、他のユーザとコラボ・セッションもできちゃうオンラインサービス「Indaba Music」の体験レポートです。

これはなに?

音楽制作者向けのコミュニティです。といってもmixiみたいに文章によるコミュニケーションではなく、オンライン上でのDTMコラボレーションに重きをおいたサービスです。一応、twitterみたいな簡易メッセージやBlogなんかもあります。

まずはじめに登録を済ませます

TOPページのページ右上の「Sign UP」ボタンを押してまずユーザ登録を済ませないといけません。


まずはコミュニティにユーザ登録を済ませます。

3コース用意されています

お金払わずにまずは無料で試したい。まずはBasicで登録しましょう。(後でアカウントを有料版にすることは可能です)


青いボタン「Keep it baasic」をクリック

お決まりのユーザ登録

とりあえず名前とメールアドレスが必要です。必要事項を記入して次のページに行くと「メールしたぜ。メールに書いてあるパスワードで認証してちょ!」という画面が表示される。メールの真ん中らへんに書かれた認証コードを入力すれば登録完了。

オンラインDTMするまえに指示に従ってjavaプラグインをインストール

ログインしたばっかりのページはこんな感じ。

DTMをするために、javaプラグインをインストールしないといけないようです。「Record Session」をクリックすると、謎なファイルのダウンロードが始まりました。とりあえず「インストール」を選択してそのまま放置。(管理人はブラウザはFirefoxを使っています。他のブラウザの場合はちょっと文言が違うかも?)


このjavaプラグイン、インストールするのにJAVA - JREが必要かも?管理人は仕事柄JREインストール済みでした。

プラグインに引き続き、ダウンロードが始まった

プラグインインストールに続き、なにやらファイルダウンロードが始まった。「プログラムで実行」のままでとりあえず待つこと数秒。


矢継ぎ早に始まる謎なファイルのダウンロード。

DTMソフトらしきものが立ち上がった!


なにやらログインを求められているらしい。先ほど入力したメールアドレスとパスワードを入力。


NewMixをクリック。このMixというのは、DTMソフトにおけるプロジェクトと同義らしいです。

DTM開始!

初期画面はこんな感じ。

手持ちのマイクでちょっとレコーディングしてみました。録音ボタンを押すと「Recording Preference」という画面が立ち上がりました。ファイル名入力欄がありますが、録音した音はファイルとしてオンライン上に保存されるようです。


「preroll Value」というのはおそらく「事前カウントする秒数」のことだと思います。

編集機能

コピー・カット・ペーストはもちろん、マウスで波形データを自由に移動させることもできます。ただし、使えるエフェクト数はBasicでは限られているらしく、全部は使えませんでした。


トラック名の右側「FX」はエフェクトのこと。ここをクリックすることでリバーブやディレイ、EQやコンプが使える。

オーディオクリップの貼り付け

このソフトに元からついてるフレーズ集をはっつけてみます。まずはじめに画面左側の「Session Files」の矢印をクリックして非表示にします。そうしないと、下側が全部表示されなくて、オーディオクリップ貼り付けに支障がでます。


下側にテキストがあふれると表示が途切れちゃうんだね。。。

「Audio Clip Library」からまず楽器の種類を選択します。適当なタブをクリックしてください。すると、下側にフレーズ名がリスト表示されます。そこのリストを、右側のトラックにnドラッグ&ドロップしてください。するとクリップダウンロードという画面が表示され、クリップが貼り付けられます。


リストから選んでドラッグ&ドロップするだけ!

mix全体の設定

このほかにも左上にいろいろ項目が。


こんなところにひっそりとメニューが。。

拍子を変えたり、再生と同時にメトロノームを鳴らしたりできました。

他にも・・・

自分のDTMソフトで録音した音楽ファイルをUPし、このindabaのmixに貼り付けることもできます。できますというよりも、むしろこっちの使い方の方がコラボレーション向きかもしれませんね。各バンドメンバーがRecした音声ファイルを、オンラインで一緒に編集していく。このように、自宅にいながらバンド活動ができるというツールのご紹介でした。セッションに、作曲に、活用してみませんか?コラボを開始するにはまず誰かがセッションを立ち上げ、そこに参加 or 招待をして始めます。バンドで使ってみたいサービスですね。

オンラインDTMコラボをより楽しむために

twitter風の一行メッセージや、Blogの立ち上げなど、コミュニティとしてのツールは他にも装備されてました。私的にはあまり使い道が思いつきませんが、大勢の人とコラボしたいというときに、ログを残す意味でもこうして文章が残せる機能があるのは助けになるのかもしれませんね。

ページトップへ