Blog

最新記事

CC0でクレジット表記の要らないシンセブラス、シンセストリングス、ナイロンギター音源「FreePats」

Creative Commons CC0 1.0 licenseという、クレジット表記の要らない比較的制約のゆるいライセンス形態の音源です。気軽に楽曲へ組み込めることからこのCC0ライセンスのソフトウェア音源は重宝します。ファイル形式はSoundfontで、圧縮ファイルはtar.xzという形式でwinrarなどで解凍可能です。

M/S処理に特化したフリーVST・AUプラグイン「MScontrol」 by tekit-audio

M/S処理といえば音圧を稼ぐのに今や必須のミックスダウンテクニックなんじゃないかと思います。今回ご紹介するMScontrolはM/S処理用のフリープラグインになります。

Windows 32bit/64bitおよびMacに対応。ダウンロードするためにはメルマガ会員に登録する必要があります。

こちらのページの真ん中らへんの「Name」「Email」と書かれているフォームから会員になる必要あります。

Safwan Matni「Matnitron」 Freeでアタックの早い使いやすいストリングスVSTi

Freeでも数多くのStrings音源はありますが、アタックが遅かったり、定位がはじめから管弦楽仕様でセンタリングされてなかったりと使い勝手が悪い場合ってありませんか。

今回はロックやポップスにも使いやすい、アタックの早いストリングス音源をご紹介します。シンセサイザーに搭載されているような軽めのストリングスではなくそれなりに重厚感もあり、使いやすさとリアルさの「ちょうどイイ感じ」がする音源です

「Atmos Free ambient piano ROMpler」 100%ロイヤリティフリーなロンプラーピアノ音源

ロンプラーは聞きなれない方もいらっしゃると思いますが、要は「波形を直接入れ替えたりいじったりはできないサンプリング音源」のことです。生音系の音源はサンプラー音源かロンプラー音源に高品質なものが多いです。

C2~C9の音色幅で、2種類のリバーブ・ディストーション、ディレイなどのエフェクトを搭載とのこと。容量が230MB程あり。リリースタイムの長い、アンビエント系の音楽に良さそうなピアノ音源です。

win 32/64bit、mac対応。

ワールド・ミュージックのリズムパターン調査4 Partido-Alto補足

以前、当ブログでパルチード・アルトについて記事を掲載しましたが、その後補足したい点がでてきました。

パルチード・アルトは16分休符から始まるというテクニカルなリズムパターンでしたが、別種といいますか亜種らしきものを発見しましたので共有がてらに記事にしちゃいます。

軽量で自然なかかり具合 FreeのRoomリバーブVST「tila2」

最近はフリーなのに高性能なプラグインがあっておじさんはうれしいです。フリーなのにCPU使用率も少なくて自然なかかり具合で使いやすい、そんなルームリバーブのプラグインです。

ギター、ドラムなどに是非使ってみたいリバーブです。

RMS、PPM等、オーディオメーター系のフリーVSTプラグイン「mvMeter」 by TBProAudio

シンプルなアナログメーター系プラグインです。アナログな見た目ですがちゃんとデジタルな数値も表示してくれます。ピークメーターとしても使えますし、聴覚上の音の大きさの指標ともいえるRMSメーターとしても使えます。音圧アップの足がかりに使ってみてはいかがでしょうか。Win、Mac対応。

ワールド・ミュージックのリズムパターン調査3 Marcha

パルチード・アルト、バイァオンと続いて今日はマルシェをやってみようかなと思います。グーグル検索でMarchaと調べると真っ先に辞書が表示されて「スペイン語で行進って意味だよ!」と教えてくれます。

いわゆるマーチってことですかね。似たようなパターンにフレヴォというものもあるそうです。厳密な違いは正直なところ、私には分かってません。

※まだ私自身も勉強中なため、間違った情報も多々あるかもしれませんがご容赦ください。指摘等いただけると勉強になります!

ワールド・ミュージックのリズムパターン調査2 baiao

前回はパルチード・アルトを調査して実際に譜面を書いてみました。

今回はバイアォンにトライしてみようかと思います。前回よりもシンプルなリズムパターンなため、曲作りにすぐに反映できそうです。

※まだ私自身も勉強中なため、間違った情報も多々あるかもしれませんがご容赦ください。指摘等いただけると勉強になります!

ページトップへ