Blog

最新記事

ORCH HIT VSTi - オーケストラヒットの音色 ジングル制作によさげ

VST4FREEを徘徊していたら見つけました(笑)非常に珍しいオーケストラヒットのVSTi。フリー/シェア併せてもそんなに多くない、存在自体が貴重とも言える音色ですね。私は普段、オケヒは使わないで個々のオーケストラ楽器を組み合わせることが多いのですがこれは使っていきたいですね。

Nick Craw Lab 「Wagner Sharp」 2channel入力対応の真空管ギタープリアンプシミュレータ(他 7170 Lead、8505 Leadも併せて紹介)

Wagner Sharp

結構珍しいんじゃないでしょうか。一台のVSTシミュレータで2入力対応。昨今のプラグインだとマルチチャンネルorシングルチャンネルですが、中途半端に2つ、ってところがいいですね。ハードウェアを違った方向にリアルに再現しちゃったようなこだわりが、個人的に好きです。Windows 32/64bitおよびMacOS対応。

Nick Craw Lab「TubeDriver」 フリーのサチュレータプラグイン

TubeDriver

真空管アンプを通したかのような、ほんのり厚みのある音にしたいときってありますよね(謎

そんなときはテープシミュレータとかサチュレータとか言われるプラグインを使いますが、今日ご紹介するプラグインは「無料」「シンプルで迷いにくい設計」「windowsもmacも対応」している可用性の高いプロダクトです。

u-he「Hive」 - 有料シンセVSTiのbeta版2015年3月30日まで

VST

数々の商用VSTiをリリースしているu-heさんですが、リリースを控えているVSTi「Hive」のベータ期間を3月末まで延長したそうです。ベータということで、万が一動かなかったりパソコンが壊れちゃっても責任もてないよ!とのことです。

とはいえリリース間近ということもあって、私の環境では普通に安定して動いてます:)

ページトップへ