テンションコードとは

ドレミの別名の項でも少し触れましたが、9th 11th 13thが付加されたコードをテンションコードと言います。通常、セブンスコードに一音加える形になります。

9thを含むテンションコード

C9とCadd9の二種類をご紹介します。C9は、暗黙の了解でm7th、つまりC7に9thが加わったコードを意味します。Cに9thを加えたものはCadd9ですので間違えないように気をつけてください。

C9とCadd9

C9コード(C7にテンション音「9th」を加えたコード)

C9

ファンキーな印象があるナインスコードはファンクカッティングでは超頻出コードです。

Cadd9コード(Cに9thを加えたコード)

Cadd9

透明感のあるコードで、明るく爽やかな曲に合いそうですね。

11thを含むテンションコード

11th(四度)は、C7に付け加えると、△3rdと11thが半音で隣り合ってるため濁って聞こえてしまいます。あまり常用的ではないのでCm7(11)のみご紹介します。

Cm7(11)コード

Cm7(11)

13thを含むテンションコード

C6と間違えないように注意。C7のような、セブンスコードに13th(六度)を付け加えると、6thは13thというテンションとして扱われます。

C7(13)コード

C7(13)

その他変わったコード

ここでは分類しがたい、ちょっと特殊で面白い(かつ割りとよく使われる)コードをご紹介します。

ディミニッシュ系コード

CdimとCm7(♭5)

Cdimコード(音の間隔が全て1音半で出来ている)

Cdim

Cm7(♭5)コード(別名ハーフディミニッシュ)

Cm7(♭5)

#9th・♭9thをテンションとしたコード

C7(#9)とC7(♭9)

C7(#9)コード(別名ジミヘンコード。サイコで破壊的な響き)

C7(#9)

C7(♭9)コード

C7(♭9)

ページトップへ