ドレミの別名を覚える

ドレミをアルファベットで言い換えてみる

まず、ギターは何かと英語表記で覚えると言うことを念頭に入れてください。ドレミファソラシにも、「CDEFGAB」と言った英語表記があります。

譜例1:C,D,E,F,G,A,B,C

譜例1:C,D,E,F,G,A,B,C

ドレミを数字で言い換えてみる

この他に、ある音(ここではC)を1stと考えて、順番に数字を付けて考える方法が音楽理論では一般的です。数字への言い換えには注意点が3つあります。

  • 8thは一周して1st
  • 2nd 4th 6thは特殊で、9th 11th 13thと表記(テンション音とも呼ばれてます)
  • 3rd 7thは通常の△3rd、その半音下のm3rdという特殊な表記をする

また、ドとレの間のような、隙間の音についてはシャープやフラットを付けて以下のように表します。このページでは下の譜面を覚えていただくだけでこのカリキュラムは十分です。

譜例2:1オクターブ分の数字表記の仕方

譜例2:1オクターブ分の数字表記の仕方

テンション音については、「テンションコードとは」で詳しくやります。ここでは1stと決めた音(この譜例ではC)から見て、3,5,7は強い繋がりをもった関係で、9,11,13はおまけと軽く覚えてください。以上ドレミの別名でした。

補足:Cを1stとしたときのギター指板上での度数分布図

Cを1stとしたときのギター指板上での度数分布図

ドレミファソラシをギター上で番号に言い換えたものです。余裕のある方は「5弦3フレットの1stのオクターブは二つ隣の弦の2フレット高音よりだな」「1stの隣の弦の2フレット高音よりは5thだな」と位置関係を覚えておくと、次回からご紹介するコードのことが良く理解できます。

ページトップへ