4音でできたコード

一度・三度・五度にもう一音付け加えて4音のコードを作ることが出来ます。m7thや△7th、6thをプラスワンしたものが一般的です。

△7th・m7th系

ここでの注意は、「C7」は△7thではなく、m7thが付加されたコードだということです。△7thをプラスしたコードは「C△7」と表記します。ややこしいですね。

C△7とC7

C△7コード(△7thを付加したもの)

C△7

C7コード(m7thを付加したもの)

C7

C△7はCと比べてどことなく大人っぽく聞こえるかもしれません。C7は不安感を演出する大事なコードですのでその独特な響きを是非体感してください。

Cm△7とCm7

Cmにも同じように△7thとm7thを追加することができます。

Cm△7コード(△7thを付加したもの)

Cm△7

Cm7コード(m7thを付加したもの)

Cm7

6th系

m7thの半音下に位置する6thも付加することができます。

C6とCm6

C6コード(6thを付加したもの)

C6

Cm6コード(6thを付加したもの)

Cm6

ページトップへ