3音でできたコード

そもそもコードとは

一度(1st)三度(3rd)五度(5th)という3つの音が集まって同時に鳴るとコードになります。major chordとminor chordの2種類に大別できます。

Cコード(C major chord)とCmコード(C minor chord)

Cコード(C major chord)

Cコード(C major chord)

Cmコード(C minor chord)

Cmコード(C minor chord)

一度の音はルート音といい、そのままコードの名前になります。実際に弾いて二つのコードの雰囲気の違いを体感してください。

ずらすだけで色んなコードが弾けちゃう

major chordとminor chordを、色んなルート音で弾ける様になりましょう。コードのルート音は大抵6弦か5弦の低い音にあります。

6弦ルートのコードのときは、まず開放弦を使ったEコードを思い浮かべてください。例えばFコードを弾きたいと思ったとします。人差し指で六弦Fがある1フレットを全て押さえます。その状態で、Eのフォームを押さえてください。それだけでFコードが完成します。

また、EコードをEmにするときはどうすれば良いでしょうか。上の譜例1と2を見比べると、たった一つの音が、しかも1フレット分しか違わないことに気が付くと思います。3弦の音が△3rdなので、それを半音さげるだけでマイナーコードに変身します。


6弦ルートのEコードをずらしてみた。

このように、押さえるフレットをずらすだけで色んなコードが弾けます。

5弦ルートのコードは、開放弦を使ったAコードを思い浮かべ、同様に考えることが出来ます。この場合、マイナーに変身するためには2弦の音を下げます。


5弦ルートのAコードをずらしてみた。

特殊な3音のコード

3音で出来ているコードは他にもあります。まずはCの△3rdを半音上げたCsus4から。

Csus4コード(susとは、三度の代わりに、という意味が込められている)

Csus4コード

明るめで浮遊感のあるコードなので、sus4コードを弾いた後は4thを半音下げてメジャーコードを弾くという流れが多いです。

以下二つは五度の音を半音上下させたコードです。今まで出てきたコードと比べるとあまり一般的でなく、とても不安定な響きがあります。

C(♭5)とC(#5)

C(♭5)コード(Cコードの5thを半音下げたもの)

C(♭5)

C(#5)コード(Cコードの5thを半音上げたもの)

C(#5)

ジャズやポップスで割りと頻繁に登場してきますので覚えておくと良いと思います。

ページトップへ